「週刊少年ジャンプ」情報レビュー

1410_jump47.jpg
「週刊少年ジャンプ」2014年47号(集英社)。

――発行部数281万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からご紹介!

 本日発売となった2014年47号「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)、表紙と巻頭カラーを飾るのは看板マンガ『ONE PIECE』。続く情報ページでは、ワンピースレストラン「バラティエ」秋の新メニューや、8月に放送されたテレビスペシャル『ONE PIECE “3D2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い』のBlu-ray&DVDの特典情報などが告知されている。ポータルサイト「ONE PIECE.com」(外部参照)でも随時発表されている通り、さまざまな展開を続ける『ONE PIECE』の勢いはとどまるところを知らないようだ。

 今週の掲載順に大きな変動は少ないものの、前号の中盤より『銀魂』が急浮上。本編は盛り上がりのまっただ中で、盤石の人気を見せつける形となった。一方、『ジュウドウズ』などが順位を落としつつ、最下位は『三ツ首コンドル』その上を『ヨアケモノ』がつけた。ここ数号、代わる代わる最下位となっている2作。今後の動きから目が離せない。

 今号の注目は、そのゆるさで人気を博しているギャグマンガ『磯部磯兵衛物語~浮世は辛いよ~』が、10月23日発売の女性ファッション誌「SPUR」12月号に出張掲載されるというニュース。「SPUR」に「ジャンプ」系のマンガが登場するのは、『ジョジョの奇妙な冒険』(以下、『ジョジョ』)以来だという。近年、女性ファッション誌と少年マンガの関係は蜜月となっている。講談社の女性ファッション誌「FRaU」2014年8月号の表紙を、『進撃の巨人』(講談社)の人気キャラ・リヴァイが飾ったことは記憶に新しい。また、同じく講談社の「ViVi」2014年11月号でも、「進撃の“リヴァイ”トート」「進撃の巨人×ViVi コラボBOOK」といった付録がつけられ、話題となった。かたや集英社では、先の『ジョジョ』がハイブランドGUCCIとのコラボ企画として、「SPUR」11年10月号と13年2月号の2回登場。そのほか、11年には『ONE PIECE』が集英社全誌表紙ジャックの一環として、「SPUR」に登場している。今回の出張記事は「磯兵衛が東京ご利益巡り!?」とのことだが、どのような内容となるのか? また、『磯部磯兵衛物語』が「SPUR」読者に受け入れられるのか? 接近する女性ファッション誌と少年マンガの関係と共に注目だ。

 そのほか、今号では『暗殺教室』のテレビアニメ、実写映画の情報をセンターカラーで大々的に発表。アニメ版の声優陣を誌面で発表すると共に、スペシャルムービーが見られるAR企画を実施している(スペシャルムービーはアニメ公式HPでも閲覧可能)。情報ページでは、実写映画の撮影現場を作者の松井優征氏が訪れるカットも。「ジャンプ」の広報番組『ジャンBANG!』(テレビ東京系/放送終了済)のほか、「ダ・ヴィンチ」2014年1月号(メディアファクトリー/現KADOKAWA)のインタビューなど、積極的にメディアに顔出し出演する松井氏だが、「ジャンプ」本誌に出演するのは珍しい。その整った顔立ちに驚いた読者も多いのではないだろうか? こちらも合わせてチェックしてみよう。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略)

少年マンガと女性ファッション誌の蜜月!? 「週刊少年ジャンプ」人気作『磯部磯兵衛物語』が「SPUR」出張で話題にのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画松井優征磯部磯兵衛物語週刊少年ジャンプの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…