1410_earthstar.jpg
「月刊コミック アース・スター」2014年11月号(アース・スターエンターテイメント)

 まさに、紙に印刷された“雑誌”が転換期を迎えていることを象徴する出来事だ。

『ヤマノススメ』など、テレビアニメ化された人気作を連載する月刊マンガ誌「月刊コミック アース・スター」(アース・スターエンターテイメント)が、11月12日に発売される12月号をもって、紙での発行を終え、デジタル版へ移行することを10月11日発売の11月号で発表した。

 アニメ二期が好評だった『ヤマノススメ』のほか、『てーきゅう』『ノブナガン』『東京自転車少女』のような人気作も連載されている「月刊コミック アース・スター」。にもかかわらず“休刊”となることには、読者から業界関係者まで驚きの声を隠せない。

「月刊コミック アース・スター」の後藤裕編集長に休刊の理由を直撃したところ、ありがちな“紙媒体だと売れないから休刊”ということではないという。

「デジタル版への移行は、環境の変化です。2011年の創刊当初は“紙じゃないと描かない”というマンガ家さんも多かったんです。ところが、マンガのデジタル配信やアプリが増加していく中で、“デジタルでも執筆してよい”というマンガ家さんが、多くを占めるようになりました。その中で、より多くの人に読んでもらいたいと考え、デジタル版のほうが広がりがあると考えたんです」(「月刊コミック アース・スター」後藤裕編集長)

 そもそも、「月刊コミック アース・スター」発行元のアース・スター エンターテイメントは、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社で、創刊当初からメディアミックスを前提とした展開を行ってきた。そう考えると、デジタル版への移行は原作を供給しつつ、より幅広い読者に対する訴求力を高めることになると考えられる。

 売れているからこその、紙媒体の“休刊”とデジタル版への移行。思い切った判断をした「月刊コミック アース・スター」だが、ともすれば後に続く雑誌も次々と出てくるのか?
(取材・文/昼間 たかし)

売れているからこその“休刊”…デジタル版への移行を決めた「月刊コミックアース・スター」編集長にその理由を聞いた!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情コミック アース・スターヤマノススメ後藤裕の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…