1410_pedal_1.jpg
『弱虫ペダル GRANDE ROAD』公式サイトより。

 全国の女子に“ロードバイク”ブームを巻き起こした超人気アニメ『弱虫ペダル』、いよいよ来週10月6日(月)よりアニメ2期(『弱虫ペダル GRANDE ROAD』)の放送が始まります! アニメ化前、女子ファンは少なめだったこの作品、実は2008年から今も連載中という隠れたロングラン人気マンガなのです。自転車競技に青春をかける高校生たちの熱いバトル、そして魅力的なキャラクターたちがくり広げるエピソードは見どころ満載です。

 さて、じっくり原作を追うことに定評のあるアニメ版。主人公・小野田坂道が仲間と出会い、総北高校自転車競技部に入部するところから、その後行われる1年生レース、合宿を経て、ときどき“箱学”こと箱根学園の皆さんを見せつつ、夏のIH(インターハイ)まで余すとこなく映像化してくれました。が、アニメ1期はIH・2日目のゴール直前で終了という、実に気になるとこで2期持ち越しという展開に……(笑)。

 そんな、弱ペダファン待望の『弱虫ペダル GRANDE ROAD』。今回はアニメ1期を振り返りつつ、現在上映中の劇場版『弱虫ペダル Re:RIDE』の見どころを紹介していきたいと思います!

 アニメ1期の見どころは、なんと言っても山登りの名手・東堂尽八と巻島裕介の箱根山頂バトル! ライバルにして最高の仲間、お互い頂上を目指して3年間戦い続けた2人の熱いラストレースは必見です。トラブルを乗り越え、すれ違いからの最高のレース。ライバルがいるから強くなれる……基本を極めつくした東堂とイレギュラーな巻島という真逆のプレースタイルで、相手を認めているからこそ勝ちたい、そして戦いたいとお互いの名前を叫びながら山道を疾走します。一方、私生活では東堂が巻島に毎日電話して着信履歴を埋め尽くしたりと、ライバルの度を超えて大変なことになっていました(笑)。ライバルには毎日コンディション最高でいてほしい、それも仲間を思ってのこと!?

 またゴール前スプリントでの総北・今泉俊輔の成長、それを支える金城真護の“エースと主将”コンビ。一人で走り続けてきた今泉が初めて仲間に救われ、そして“チーム”を意識するように……。そして対抗する箱学・荒北靖友と福富寿一の“アシストとエース”コンビ。アニメではヤンキーだった荒北が福富に自転車を教えられ、すっかり福富を信頼しどんどん自転車に熱中していくエピソードも描かれていました。3年生が3年間かけて作ってきたかけがえのない絆、東堂と巻島もそうですが、いいですねぇ……。そしてさらにそこへ一波乱投じるのは、“1年エースとザク”の京都伏見・御堂筋翔と石垣光太郎。原作でも“不気味カワイイ”とという新ジャンルを広めた(?)御堂筋、アニメで完全再現された動きと声優・遊佐浩二さんの熱演によりその魅力がますます輝くばかり。そしてこの3校が揃って、IH・2日目のゴール争い!! 2期は1話から白熱の展開が予想されます。

 そして個人的におすすめなのが、IH・2日目、暑さで体調を崩してしまった総北・田所迅を引っ張る小野田の「恋のヒメヒメぺったんこ」大合唱(笑)。麗しい胸の谷間(※筋肉)を見せつけながら息を荒くして“萌えアニソン”を歌う田所(※CV.伊藤健太郎)から目が離せない!? オタク友達を探していた小野田くん、ここでようやく一緒に歌ってくれる相手できて良かった……のか!? 言ってること、やってることが無茶苦茶なのに、誰もが小野田坂道を信じてしまう……仲間がいるから戦うことができる、“6人で1つのチーム”という金城の意思を頑なに守ろうとする小野田の強さが奇跡を呼んだ瞬間でした。でも、もし私が選手で、後ろからアニソン歌いながら爆速で坂を登るデカチビコンビが迫ってきたら、きっと泣いて逃げます(笑)。

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】「一生懸命舐めてますね」“舐めキャラ”グラドル小柳歩がアレを……!?new
【ソフマップ】「おっぱいにおにぎりを乗せて……」Gカップグラドル紺野栞が“危ない”先生に!
【ソフマップ】Gカップグラドル森咲智美“愛人”を募集中!?「こんなことされるの……」
【ソフマップ】ちっぱいグラドル船岡咲“Vレグ”に挑戦!?「本当にスケスケなんで……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!