――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労……。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には“ネタバレ”が含まれていますので、ご注意ください。

■『M3~ソノ黒キ鋼~
第24話「原罪、カコミライ」

1409_m3_24.jpg
M3~ソノ黒キ鋼~公式サイトより。

【今週の極私的見どころ!】
 チームが一致団結してクライマックスを飾った仲間の絆に泣けました。視聴者の予想通りラスボスは真木ミナシ(CV:柿原徹也)でしたが、予想に反した明るいエンディングには驚くほど良い評価が多数。「『M3』最高の最終回だった。2クール楽しめた」「本当良い最終回で、自分でも驚くレベルで終わるのが寂しいと感じてしまった」「最後の最後で感動! 途中で切らなくて良かった」「最終的に、近年の2クールロボアニメの中でかなりクオリティの高いアニメだった」と絶賛の声はとどまるところを知りません。そのほか、「最終回でようやくサトジュン(佐藤順一監督)らしさが出たなwww」「こういう友情エンドを待っていた。サトジュン最高」と、佐藤監督の過去作を彷彿させるラストに監督ファンならではコメントも多く飛び出しました。

 また、坂本真綾さんが歌うOPがEDで流れ、最終決戦の“その後”が映し出される演出が秀逸!! 楽曲にお似合いの希望ある未来に、23話の不完全燃焼さも前半の間延び感も払拭されました。これぞ「終わりよければすべて良し」! そう思わせる作品の底力に感服です。

【今週のおすすめ度】
★★★★★
(前回のあらすじはこちら

 鷺沼アカシ(CV:松岡禎丞)が躯に飲み込まれたことで迷いに震えるツグミ(CV:小岩井ことり)。以前は「私は悪くないっ!!」とヒステリックに騒いでいたツグミが、「悪いのは私だけじゃない」と言った言葉に、クライマックスへの希望が見えました。ツグミ、更正エンド秒読み。

 一方、躯に飲み込まれたアカシは屍鋼化した異形の姿で攻撃してくるミナシと戦闘の真っ最中。この後に及んでなお「アカシを含むみんなの苦しみを僕は知っている。だから一つになろう」と泣くミナシに、視聴者は「ウザすぎる」「ミナシを殺せば万事解決」と冷ややかな雰囲気。独りよがりの善意ほど質の悪いものはないですね。いよいよアカシがミナシに取り込まれそうになったその矢先、出羽ササメ(CV:小岩井ことり)の思念体がアカシを救出します! ササメは「皆が暗闇に飲み込まれる未来など望まない」とミナシに対立し、アカシと共振するのです。ようやくのヒロイン登場にネットも沸く……かと思いきや、「もうササメ出てこなくていいよ」「ササメも大概自分勝手だよね」と大ブーイング!! 不憫ですが筆者ももうササメはいいかな……。

 問答の末、「ミナシを止めるために私に乗ってほしい」と言ったササメの言葉を最後に、屍鋼の山からギュールズが浮かび上がってきます。ロボットアニメらしい躍動感とクールなシーンにネットも大盛り上がり! ……したものの、音楽が時代遅れというかダサイというか。前回でも感じていた違和感ですが、『M3』が「盛り上がりに欠ける」と言われ続けた原因は戦闘中の音楽が微妙だったからかもしれません。

 共振率100パーセントのマヴェスに搭乗したアカシに対して、ミナシは躯に乗って応戦!! ……って、躯にも乗れるの!? そんな筆者の叫びなど虚しく激闘の火蓋は切られました。しかし、戦い出してすぐ無明領域に切なげな躯の声が響きます。「躯が泣いている。抱えきれないほどの悲しみで」自分の怨念が躯を追い詰めていたと気づいたツグミが戦いの意思を放棄すると、躯は自らの体を融解。アカシは戦闘中だったことも忘れ、崩れる躯の中からミナシを救出します。そして、誰にも理解されないことに絶望するミナシに手を差し伸べて言うのです。

アカシ「一つになれなくても、俺たちは繋がれるさ」

 心ではなく手を繋げてわかり合うぬくもり。アカシのお人好しぶりに毒気を抜かれたのか、長く泥沼だった戦いは男同士の握手で幕を閉じるのです。すべての戦いが終わってしばらく――無明領域の晴れた世界で阿倉カサネ(CV:前田愛)は「屍鋼化した体を復元するためには本人の記憶や思い入れ深い物が有効だとわかった」と発表。屍鋼化したチームガルグイユも順調に回復へ向かっていきます。自由に動き回れるツグミは復興していく街を眺めてご満悦。彼女はこれから初めて人間らしい生き方をしていくのでしょうね。こっそりちび躯を復活させられるツグミは、したたかに生きていけるはずです。

 その頃、病室でササメに語りかけていたアカシは突然泣き出します。顔をくしゃくしゃにして泣き笑いするアカシの視線の先では、目を覚ましたササメがカプセル越しに「好き」と微笑むのでした――。

 途中、紆余曲折ありましたが、主要メンバー全員が生きていてくれてホントに嬉しい!! ストーリーは賛否両論であったものの、全話通して「作画が美しかった」というのは視聴者共通の意見。メンヘラばかりでもなかなかに魅力的なキャラが多かったことは間違いありません。欲をいえば2クールに引き延ばすより、1クールに凝縮した濃いストーリーが見たかったですね。しかし、散りばめた謎をキレイに回収したまとめ方には脱帽です。センセーショナルな初登場を飾った伊削ヘイト(CV:村瀬歩)が、最後空気キャラだったのは少し残念ですが。何はともあれ制作の皆さん、2クールもの長い間お疲れさまでした!
(文/牧野絵美)

【『M3~ソノ黒キ鋼~』レビュー・バックナンバーは次ページより】

【第1話】
「キャラの台詞が下品」とブーイングも!? 独特の“鬱感”に視聴者も様子見の『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/04/post-852.html

【第2話】
飛び交う専門用語に視聴者、困惑!? 謎めくストーリー展開に好みが分かれる『M3~ソノ黒キ鋼~』第2話
http://otapol.jp/2014/04/post-877.html

【第3話】
「何が面白いのかわからない」けれども、好評価が続出! 不思議な吸引力を持つ『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/05/post-905.html

【第4話】
主人公とヒロインの存在感が薄い? 視聴者も多くを語らない『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/05/post-930.html

【第5話】
登場人物たちの“精神崩壊”度が高すぎる! 鬱展開を予見させる『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/05/post-960.html

【第6話】
衝撃展開に視聴者騒然!? 『M3~ソノ黒キ鋼~』のストーリーに喧々囂々
http://otapol.jp/2014/05/post-985.html

【第7話】
鬱アニメなのに笑える!? 顔芸が多発する『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/06/post-1015.html

【第8話】
「美人ほど早く死んでいく…」ヒロインの死亡フラグに戦々恐々『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/06/post-1052.html

【第9話】
“嫌われキャラ”ほど愛される? 『M3~ソノ黒キ鋼~』の評価が上昇中
http://otapol.jp/2014/06/post-1088.html

【第10話】
鬱展開の前振りか? 爽やかな終わり方に邪推の声も上がる『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/06/post-1117.html

【第11話】
11話にして主人公&ヒロインの魅力を発揮! 折り返しを前に盛り上がる『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/07/post-1156.html

【第12話】
回想シーンの多さと唐突なサービスシーンに視聴者ブーイング? 盛り返しに期待したい『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/07/post-1199.html

【第13話】
『エヴァ』に似てる? ありがちな恋愛展開を裏切って、面白みが増してきた『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/07/post-1250.html

【第14話】
美しき友情に号泣!! 感動と恐怖のコントラストが見事だった『M3~ソノ黒キ鋼~』第14話
http://otapol.jp/2014/07/post-1302.html

【第15話】
オープニングだけは爽やかな『M3~ソノ黒キ鋼~』 ついに物語は核心へ?
http://otapol.jp/2014/07/post-1341.html

【第16話】
切ないラブシーンに、ついに明かされた作中の謎…見どころ満載だった『M3~ソノ黒キ鋼~』 第16話
http://otapol.jp/2014/08/post-1379.html

【第17話】
「王道ロボットアニメ」「熱い気持ちになった」…回を追うごとに洗練されていく『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/08/post-1426.html

【第18話】
突き抜けたキャラ描写に賛否両論!? ホラー風味も際立った『M3~ソノ黒キ鋼~』第18話
http://otapol.jp/2014/08/post-1455.html

【第19話】
「スッキリした」「心もとない」キーパーソンの動向に悲喜こもごも!? 淡々と最終回が近づく『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/08/post-1486.html

【第20話】
ロボットよりも恋愛ドラマが秀逸!? 悲恋を予感させる『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/09/post-1531.html

【第21話】
「クライマックスが楽しみに」“あのキャラ”再登場で、ラストに向けて期待が膨らむ 『M3~ソノ黒キ鋼~』
http://otapol.jp/2014/09/post-1565.html

【第22話】
『M3~ソノ黒キ鋼~』は“ロボットアニメ”の必然性を示せるか?
http://otapol.jp/2014/09/post-1601.html

【第23話】
最終回を前に視聴者離れ!? 佳境を迎える『M3~ソノ黒キ鋼~』の評価は?
http://otapol.jp/2014/09/post-1635.html

メンヘラばかりだけどキャラは魅力的だった!? キレイな終わりに視聴者も満足の『M3~ソノ黒キ鋼~』のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューM3~ソノ黒キ鋼~メンヘラの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ