1409_fukenzen1.jpg
今回、東京都の不健全図書指定を受けた雑誌熟年婦人の性告白Vol.20(サンデー社)。本書は成人指定されていない(amazonではアダルト扱い)。

 毎月恒例の東京都青少年健全育成条例に基づく不健全図書指定が、今月8日にも行われた。今月の指定で目を引くのは、対象となった書籍の「全編大部分」ではない指定が久々に行われたことである。これは、いったいどういうことなのか……?

 今月、指定対象となったのは男性向けのマンガ『君の眼鏡に欲情する。』(竹書房)、BLマンガの『縛られやケンちゃん』(Bevy)、雑誌「熟年婦人の性告白」Vol.20(サンデー社)の三冊である。前者の二冊は、指定に該当する箇所として「全編大部分」が挙げられているのだが、「熟年婦人の性告白」は本誌の「【カラー口絵】疼きが止まらぬ熟女たちP6」と付録DVDの「全編大部分」が該当するとされている。この雑誌は、女性の性体験の告白を文章で綴るというもの。いわば、読者の年齢層は相当高いものであると想定される。

 これまでの条例をめぐる議論の中でもたびたび指摘されているが、東京都の条例では小説は不健全図書指定の対象外となっている。つまり、今回、東京都が不健全図書指定を審議する東京都青少年健全育成審議会に諮問したのは、小説の部分を除いてもグラビア部分(と付録DVD)が青少年の健全な育成に悪影響を及ぼす……という理屈である。

 とはいえ疑問なのは、果たして、この本そのものを青少年が手に取るかという点だ。東京都では、不健全図書の候補となる雑誌・書籍を書店の店頭で購入できるものに限っている。多くのグラビア誌やエロマンガがある中で、果たして、わざわざこの本を手に取り購入する中高生なんているのだろうか……。現に「自主規制団体からの聴き取り結果」でも、指定の是非は分かれながらも「この雑誌に子供が手を出すとは思えない」「青少年がこんなに長文の字を読むか疑問である」「本誌の装丁、価格から青少年が購入するようには思えない」といった声があった。

 念のため東京都に問い合わせてみたところ、本誌は「実際に青少年の手に届くところで販売されていた」という。確かに成人マークもなく手に届くところで販売していたのは問題かもしれないが……。

 東京都では毎月120冊あまりの雑誌・書籍を購入しているというが、果たして18禁マークがなくて青少年に有害な影響を及ぼしそうなグラビア・マンガを扱う本がそんなにあるのかは疑問だ。青少年向けとは思えない本を指定するあたり、やはり制度が形骸化していると思わざるをえない。
(取材・文/昼間 たかし)

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)

実は活字のほうがエロいんですけどね(私見)。

熟女グラビアは青少年に悪影響? 疑問も浮かぶ今月の東京都不健全図書指定のページです。おたぽるは、その他ホビーマンガ&ラノベ出版業界事情不健全図書表現の自由表現問題表現規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…