1409_cosplay.jpg
コミックマーケット86の様子。左下、コスプレエリアの盛況ぶりも伺える。

 毎年、名古屋で「世界コスプレサミット」が行われるなど、日本を代表する文化となりつつある“コスプレ”。しかし、多くの人にとっては謎に包まれている部分も多いだろう。そんな中、“街で見つけた気になる人に聞きづらいことを勇気を出して聞いてみる”というコンセプトのバラエティ番組『モウソリウト』(フジテレビ)9月9日放送分では、今年8月に行われたコミックマーケット86に参加するコスプレイヤーやカメラマン(カメコ)のインタビューを紹介していた。

 まず、番組が目をつけたのが、大阪府から状況したカメコの男性(26歳)。カメラを3台使い分けている意味を問われると、「遠くから撮るとき用、近くを撮るとき用、壊れたとき用」と説明。カメラの総額は39万円、2日間で撮影した写真は7000枚を超えるという。基本的には好きな作品のキャラクターを撮影しており、「楽しそうに(コスプレ)している人を見るとこちらも楽しくなる」のだという。一方で、エッチな写真目的で撮影する人もいるか? と問われると、そういった人もゼロではないし、自身も「男性ですから、(そういう気持ちが)ないといえば嘘になります」と本音を覗かせていた。

 続いて番組が取り上げたのは、女装する男性コスプレイヤー。初音ミクのコスプレで参加しているコスネーム・雲渡としるさんは、日常でもたまに女装しているといい、化粧の練習もしているとか。「(家族は)割と寛容的です。ただ、『君はどこに向かってるんだ?』と言われたり……」ともコメントしていた。そのほか、『美少女戦士セーラームーン』のセーラーマーキュリーにコスプレする男性には、女装ということからか、性的指向を質問。男性は自身を異性愛者だと語っていた。続いては、小鳥遊六花(『中二病でも恋がしたい』)のコスプレをするコスネーム・こなこなさんを直撃。同氏は、会社の部下にも女装をカミングアウトしているという豪傑で、コスプレは日頃のストレス解消だという。カメラの前で“見せパン”を披露するというサービスも。

 番組では、“女装コスプレ”をまだまだ理解が少ないジャンルとし、禁止しているイベントも多いと紹介していた。街場でのイベントであることや防犯上の理由から、女装コスプレを禁止しているイベントが多いことも事実。こうしたことからは、コスプレイヤーたちのさまざまな立ち位置が垣間見えるだろう。

 最後に、番組はコミケ内で写真集を販売するブースの取材を敢行。『進撃の巨人』リヴァイのコスプレをして、写真集を販売する人気男装コスプレイヤーの麗華さんを紹介していた。彼女のブースを訪れたファンからは「一番有名な方」「写真集は毎回買っている」「自作の参考になる」との声が挙がり、アメリカから彼女に会いにやってきたファンもいるほどの人気ぶり。本人は「20年くらい前からコスプレやっているので、これくらい長くやっている男装の人はいないから」とその人気ぶりを分析する。彼女の本職はファッションデザイナーであり、衣装のほとんどを自作しているだけあって、完成度と存在感でファンを魅了。ブラジル、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど海外でも、コスプレコンテストの審査員なども務めるほか、ステージでパフォーマンスを披露しているという彼女。彼女は「一生懸命やっているのを評価された」と喜びを浮かべていた。

 今回、番組で取り上げられたコスプレイヤーやカメコたちは、それぞれ自身の好きなことに全力で打ち込む姿が映し出されていた。今後も、趣味、文化としてのコスプレがより発展していくことに期待したい。

女装レイヤーの見せパンも!! 取り沙汰されるコスプレ文化とコスプレイヤー、カメコらの本音のページです。おたぽるは、その他コスプレホビーコスプレの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…