女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常の画像1
    『まるせい』(少年画報社)

     少年の知的好奇心と股間を刺激し、青年の下心と妄想を膨らまし、おっさんの失った過去を色鮮やかに思い出させる、男の人生にとって、欠かすことのできない「エロマンガ」。だが、その作り手であるエロマンガ家の生態は謎に包まれている。彼らはいったい、どのような日々を過ごし、どんなことを考え、どういったことをしながらあんなヌルグチョエロマンガを描いているのだろうか。

     安い原稿料に微々たる印税、結果ついてまわる貧困。読者からネットなどでボロクソに叩かれる。連載している雑誌が警察にガサ入れされる。出版社が原稿を紛失し、単行本化されない。一般誌の人気作品に対して嫉妬を抱きつつ、「なぜ、自分には描けないのか」と絶望を深める、などなど、きっとその日常は悲惨極まりないはずだ。

     などと想像していたら、そのエロマンガ家の生態を描いているマンガがあると聞いた。『まるせい』(少年画報社)という成人マンガを表す業界用語をタイトルにした作品で、作者は20年以上をエロマンガ家として過ごした、エロマンガ界の古参ともいえる花見沢Q太郎。内容は、本人曰く「62%の事実と46%の絵空事でできています」という。やけに中途半端な数字と、足すと100%を超えるところが気になるが、自伝的な作品で、エロマンガ家の日常がけっこうリアルに描かれているようだ。さっそく読んでみると……。

     なんと、編集者とごはんを食べつつ酒をたしなんでいる描写があるではないか! しかも、すごく和気あいあいとしており、仲が良さげだ。おかしい……マンガ家と編集者は犬猿の仲ではないのか。編集者はマンガ家のケツを叩き、原稿を催促し、ときには作品の引き延ばし、ストーリー・設定の変更を行おうとする存在で、マンガ家はそれに抗いながらも、締切を守らず、編集者に対する不平不満を作品内などでぶちまける、という構図が古くから成り立っているのではなかったか。その代表的なものとして『アラタカンガタリ〜革神語〜』の作者である渡瀬悠宇が作品の方向性をねじ曲げられたと、編集者によるパワハラ被害を告発したという事件もあったではないか。『まるせい』では、そんな醜い対立を微塵も感じさせないどころか、編集者と朝までカラオケにいってたりするのだから、パラレルワールドの出来事なんじゃないかという疑いさえもってしまう。ううむ、これはさっそくのギャップである。

     おっと、同じエロマンガ家同士で親睦を深めている描写もあるではないか。おかしい。エロマンガ家はたったひとり、孤独に黙々とヌレグチョな絵を描き進め、友人なんかももちろんおらず、下手すれば家族にさえも縁を切られているような、そんな人間ではないのか。それなのに『まるせい』では、主人公が同じ雑誌で描くエロマンガ家たちに単行本発売記念パーティーなんか開いてもらっているし、なんだったら、原稿がピンチのときにはエロマンガ家仲間が集まり、全員が一丸となって原稿を描くシーンとかもある。おかしい、こんなの反道徳的なことを描いている人間のすることじゃない。これでは、これではまるで……いや、結論を急ぐのはやめよう。きっと、もっとえげつない、顔を背けたくなるようなドロドロの醜いシーンがあるはずだ。

     くそう! 主人公の野郎、女性のアシスタントなんて雇ってやがる! しかもなんだお前この野郎、良い仲になっちゃってるじゃないか……。たしかに、徹夜作業とか続く仕事ではあるし、ひとつの部屋の中で何時間も一緒なら、良い仲になるのも当然といえば当然だろうさ。描いてる内容も内容だし、「徹夜でなんだか ハイな気分になっちゃって」とか言ってまぐわうというのもわからんでもない。花沢健吾の『アイアムアヒーロー』でも、序盤でマンガ家とアシスタントが関係をもっていたと思える描写があることからも、業界的になくはないことなんだろう。しかし、しかしだ。エロマンガ家がそれをしちゃったらダメだろう! 非リア充を慰めるマンガを描く人が、そんなまるで、リ、リ、リア充のようなことをしてちゃあ読者はなにを信じればいいんだ……。

     しかも、その関係をもったアシスタントが卒業し、同じエロマンガ誌で連載を開始。内容を拝見しているうちに興奮し、自分で自分を慰めはじめる、なんてシーンも登場する。エロマンガを女性マンガ家が描いているという時点で興奮するのに、それが顔見知り、しかも関係をもった仲なら、興奮もひとしおだろう。昔、ヤっちゃった同級生がAVに出ているような感覚に近いのかもしれない。ああ、オナニーなのに、すごくうらやましい。

     エロマンガ家のオナニーはもっとこう鬱々とした惨めな感じのものなんじゃないのか。たとえば、東浩紀が絶賛するほどのロリマンガの描き手、クジラックス先生はエロシーンを描いているときには、自分で実際にオナニーできるかどうかでそのエロさを確認するという話がある。こういう、もう本当にどうしようもない話を求めているのに、ページをめくれば出てくるのはリア充とみまがうばかりのシーンの連続。思わず「こんなの絶対おかしいよ」と某有名魔法少女アニメばりのセリフが飛び出してしまうほどだ。

     そんな、ある意味で驚愕のエロマンガ家の生態が描かれた『まるせい』。エロマンガ読者を絶望の谷底へたたき落とすかのような作品ではあるが、マンガ家にとってはある意味で福音ともいえる作品なのかもしれない。デビューできるかどうかわからないまま、編集者にひどいことをさんざんいわれながら少年マンガを描いているより、いっそ開き直ってエロマンガを描いたほうが、明るい未来が待っているのかもしれないからだ。まあ、保証はできないので、その選択は、あくまで自己責任で行っていただきたいが……。
    (オンダヒロ)

     ■リテラおすすめ記事
    エロすぎて? 能年、広末が出演拒否したと噂の過激な映画とは
    中高年のネットトラブルが増加!心がけたいネット上の“護身術”
    ろくでなし子逮捕は不当だ! もうこれ以上“まんこ”を虐げるな!
    今期アニメのパンチラ事情を検証 パンツが見えるアニメあるのか?
    ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気/a>

    女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ成人向け、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

    --
    PICK UP ギャラリー
    川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
    人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
    【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
    【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

    ギャラリー一覧

    コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
    『メアリと魔女の花』はもう観た?