1407_danbo2.jpg
著:中田雅喜『空は女の子でいっぱい!』(1986年 白夜書房)より引用。

「表現の自由」をめぐり注目を集めている、芸術家・ろくでなし子氏の逮捕事件。彼女がこれまでも女性器をモチーフとしたアーティスト活動を続けて来たという報道を聞き、一部で「女性器をテーマとした作品といえば……」と思い出されている作品がある。

 それが、中田雅喜氏の『真・ダンボ』シリーズである。「漫画ブリッコ」1984年10月号から1985年12月号まで連載されたこの作品を簡単に説明するとこうだ。

 小陰唇が肥大した女の子が、空を飛んだり男を捕まえたりする。

1407_danbo1.jpg
著:中田雅喜『空は女の子でいっぱい!』(1986年 白夜書房)より引用。

 いや、簡単に説明するとホントにこういう作品である。

 このとんでもないアイデアは、中田氏は後に「リイドコミック」で連載したコミックエッセイ『ももいろ日記』(この作品も、女性マンガ家が自身のセックスを語ったコミックエッセイの元祖)にて、次のように語っている。
 
「このキャラを思いついた時、早く描かないと誰かが描いちゃうとアセった」

「われながら自信作ができあがった」

 この時最初に描かれたのが、「コミックセルフ」に掲載された「ダンボ誕生編」となる『逢魔ヶ辻の女』である。

 まさに女性器をモチーフにした作品を語るならば、ぜひ読んでおくべき作品なのだが、現状、読む手段としては古本屋で『真・ダンボ』シリーズを収録した単行本『空は女の子でいっぱい!』(白夜書房)を探すか、「漫画ブリッコ」の各号を集めるか、図書館で閲覧するかくらいしか手段がない。

 なるほど! こういう時のために赤松健氏の立ち上げた「絶版マンガ図書館」は重要なのだな。
(文/昼間 たかし)

女性器アートを語るなら絶対に読んでおきたい! 中田雅喜『ダンボ』シリーズの衝撃のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ成人向けダンボ中田雅喜の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
大澤玲美が初の奥様役に挑戦! リアルな結婚は「撮影で奥様気分を味わったのでもういいかな」new
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…