1406_rouganz.jpg
ろうがんず公式HPより。

 6月23日にBS朝日で放送された『熱中世代』に俳優の石坂浩二が出演。自身の趣味であるプラモデルについて熱弁を振るった。

 石坂は、子どもの頃から、木材を削って飛行機の模型を作っていたといい、72歳になった現在で、プラモデル歴が60年を超えているという大ベテランだ。

 石坂はよくドイツの戦闘機・メッサーシュミットを作っているといい、番組でも石坂作の10数機の機体が披露された。スタジオにも自作のイギリスの戦闘機・スピットファイアを持参し、細部へのこだわりなども披露した。プラモデルの魅力を問われると、大きいと戦争の道具にしか見えないが、これだけ小さいとそうは見えない。それを俯瞰すると、いろんな人の技術と想いが見て取れるのが魅力だという。

 プラモ好きが高じた石坂は、「プラモデルの専門的な話をしたかったから」という理由で平均年齢60歳のプラモデルクラブ「ろうがんず」を2009年に結成。このクラブは最高齢83歳、平均60歳の中高年によるプラモデル愛好会。石坂が会長を務め、先日静岡で開催された「第53回静岡ホビーショー」のモデラーズ合同展示会に出展するなど、精力的に活動していることが紹介された。このホビーショーに参加している石坂は、まるで俳優のオーラがなく、まさしくいちモデラー。本人も「存在感を消すのはうまい」と言うものの、あまりにも馴染みすぎているその姿が印象的だった。

 また、今年10月には賞金総額50万円のプラモデルコンテスト「ろうがんず杯」も開催予定。「ろうがんず杯」の最高賞金は30万円。石坂曰く「プラモデルは家庭の味がいい」とのこと。洗練された技術よりも、作り手の個性が見えるプラモデルを好むということなので、腕と個性に自信のある人は、出展してみてはいかがだろうか。

■「ろうがんず」HP
http://www.rowguanes.co.jp/

俳優・石坂浩二が会長を務める平均年齢60歳のプラモデルクラブ「ろうがんず」って!?のページです。おたぽるは、おもちゃホビー石坂浩二の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
桜群の「2017年自分が選ぶ今年の4枚」がどれも天使すぎてやばい!!new
小泉千秋の露出度が一段と過激に?「ブラを取っちゃって、手ぬぐいだけで前を隠しています」
葉月佐和がスッケスケのセクシー衣装で悩殺?「レースだけで大事な部分を隠して、あとはかなりの露出度です」
ほのか、撮影カメラが近すぎてドキドキ?「毛穴のケアは念入りにしておきました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…