1406_nohira_m.jpg
絶対に下着がみえない撫で方の研究と考察

 主にYouTubeで公開され、一部の好事家から絶大な支持を集めている絶対に下着がみえない撫で方の研究と考察。これは、犬を撫でる、テーブルに物を置くといった“パンチラ”してしまいそうなシチュエーションで、パンチラしない動きを真面目に研究するというもの。2012年にはDVD『絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察』、『絶対にふらつかない吊り革の掴み方の研究と考察』が発売され、声優の斎藤千和がナレーション、後者には同じく声優の内田真礼洲崎綾が出演するなどして、話題となった。そして、このシリーズの最新DVD『絶対に下着がみえない撫で方の研究と考察』が、6月27日にふたたびリリースされる。
 
 最新DVDでは、前作に続き声優の内田真礼、洲崎綾による技解説のナレーションを副音声として収録。そこまでしてやるかと思わせる、この『絶対に下着がみえない~』を製作する謎のクリエイター・野平花男に、作品にかける意気込みを聞いた。

――『下着~』はパンチラをバカバカしいまで真面目に(?)研究するといった内容で支持を集めている作品です。前回のDVDではセクシー女優の野中あんりさん、北川瞳さんといった方が出演されていますが、今回は研究員として同じくセクシー女優のつぼみさんも登場していますね。

野平花男(以下、野平) セクシー女優さんたちは、勘がいいんですよね。だから、(撮影の際に)こちらの意図が伝わりやすいんです。チャレンジ精神もあって、ノリもいいし、楽しんでくれてると思います。それと、つぼみさんに聞いたんですけど、女性って男の人が女の人の体のどこを意識しているかが、ほぼ完璧にわかるらしいですね。視線を外してても、意識していることがわかるそうです。

――えっ! 全部バレてるんですか! 目をつぶるしかないですね……。

野平 でも、視線がなくてもわかるって言いますから。

――開き直るしかないですね(苦笑)。このシリーズでは、そんな女性のパンツに対する無意識な男性の視点をおおっぴらにするのがウケているのかもしれないですね。

野平 まったく隠してないですからね(笑)。

――セクシー女優さんなどが出演するなど、テーマや出演者を見ると、エロい印象もありますが、内容はエロよりも、シュールな雰囲気ですね。

野平 そうなんです。エロは狙っていないんですよ。

――それこそ、これで「抜きました」といった話って聞いたことありますか?

野平 ないですね。楽しんで見てもらってるようです。「見始めると、全部見なきゃ気が済まない」とか「徹夜で全部見ました」といった声が多いんですよ。

――これだけのことをやっているのに、エロが介在しないっていうのもまたすごいですね。

野平 ただ、こちらが意図しないところで、意外とエロくなっちゃったというのはありますね。下着が見えるとかじゃなくて、「絶対に下着がみえない履き方の研究と考察」では、おっぱいの柔らかさとか質感が映像に出ちゃって、「これは、やばいかな」って……。そうなった場合は、映像ごと“却下”にしてます。

――エロではなく、あくまでもシュールなことを真面目にやる、と。では、このシリーズのファン層ってどのあたりなんですか?

野平 パンチラが気になる女性にも見てもらいたいんですけど……、95%は男性ですね。意外だったのが45~55歳の年齢層の方が一番多いんですよ! 若者はあまりピンとこない(笑)。

――制服や何気ないシチュエーションなどに溢れた本作を見て、みんな失われた“妄想力”を取り戻したいんですかね(笑)。

野平 技のネーミングに、アニメっぽかったり、最近の時事ネタ入れれば、若い人が食いつくかなって思って、「絶対に下着がみえない越え方の研究と考察」で『マミさん』とか「絶対に下着がみえない着替え方の研究と考察」で『ハルヒきがえ』とか付けても、ぜんぜん食いつかなくて(笑)。逆に「ナポレオンズ」とか古いネタのほうが直に響くみたいですね。

――海外からのリアクションなんかもありますか?

野平 視聴回数は、台湾が日本に次いで2位、以降、香港、タイ、アメリカなんかが多いですね。新作をアップした途端に「Come Back! Hanao Thank you come back!」って英語でコメントくれる熱心な海外ファンもいますし。

――本作はパンチラ的な日本特有のフェチズム由来のものかと思っていたので、海外では理解されづらいような気がしてたんですけど、そうでもなかったんですね。

野平 最初は外国に受けないだろうって言われてましたけど、意外に好きな人は好きなんだなって。「PANCHIRA(パンチラ)」が世界共通語になればいいのに!

――海外での人気などもあり、第一弾DVDから約2年越しで第二弾のリリースとなります。前作のDVDの売れ行きがかなりよかったんでしょうか?

野平 いや、まぁまぁといったところですかね。ふなっしー(のDVD)【編注:ふなっしーDVD『ふなのみくす』が同メーカー・ポニーキャニオンから発売され大ヒット】)ほど売れてはないです(笑)。瞬発力というよりも、少しずつずーっと動いている感じですね。いまだにちょっとずつ売れていると聞いています。

――こういったジャンルだと、じわじわ売れてくるのが正しい売れ方なような気もしますしね。

野平 こんな内容のDVDが一気に爆発したらヤバイですもんね。こっちから「どうなってるんだ!」って、社会に対して問いたくなっちゃいますよ(笑)。

■まさかのカードゲーム企画も進行中!?

――今回、ナレーションでは内田真礼さんと洲崎綾さんと、今をときめく二人の人気女性声優さんが声を当てていますね。

野平 お2人には、前のDVD(『絶対にふらつかない吊り革の掴み方の研究と考察』)の本編に出てもらっていて。今回はさすがに出てくれないと思っていたんですよ。正直、本人的には黒歴史になってるかと思って(笑)。それで、事務所の方に恐る恐るオファーしたら「いいですね!」って快諾してくれて。

――先ほど言ったようにセクシーな印象も強い本作ですが、音入れのときのお2人はいかがでした?

野平 2人ともノリノリでやってくれてましたね。ナレーションも自分でアレンジしてくれて、かつ“わざとらしくならないように真面目にやる”っていうコンセプトも外さないし、さすがプロだな、と。でも、内田さんたちに真面目に「股間」とか言わせるのも、こちらとしてはちょっと戸惑いましけど(笑)。

――確かに(笑)。でも、声優ファンにとってもなかなか垂涎モノのDVDだと思いますよ! これをきっかけに企画自体に興味を持ってくれる人もいるのではないでしょうか。そんな妄想科学研究所ですが、DVD以外に、今後なにか展開はありますか?

野平 『絶対に下着がみえない~』シリーズのカードゲーム化を目指して、クラウドファンディングで予算を集めたいです。今秋めどに発売できたら嬉しいです。

1406_nohira_cap.jpg
カードゲームの見本。このようにパンチラを隠して遊ぶ。

――このシリーズをカードゲームにするというのは想像がまったくつかないんですが……どんなゲームなんですか!?

野平 パンチラ写真のカードがあって、それを裏返しの状態で指先でつまんで、オープンしたときに、パンツが見えていなければ成功。そのカードをゲットできて3枚先に集めた人が勝ちというルールです。ほかにも細かいルールはありますが。

――バカバカしくてすばらしいですね(笑)! では、最後にファンの方へメッセージをいただけますか。

野平 我々は、本気でパンチラを撲滅したいと思って(『絶対に下着が見えない~』さまざまな方法を)研究しているので、女の人にもぜひ見てもらいたい(笑)。カードゲームも盛り上がるので、好きなキャバ嬢にもぜひすすめてください!!

――本日はありがとうございました。
(取材・文/水島利道)

1406_nohira1.jpg

絶対に下着がみえない撫で方の研究と考察
発売日:2014年6月27日
出演:つぼみ、きみの歩美、大槻ひびき、初美沙希/ナレーション:内田真礼、洲崎綾
発売・販売:ポニーキャニオン
価格:3024円(税込)



1406_nohira2.jpg

絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察
発売中
出演:野中あんり、木村つな、北川瞳/ナレーション:斎藤千和
発売・販売:ポニーキャニオン
価格:3024円(税込)



1406_nohira3.jpg

吊り革を握る手が気になり過ぎて昼寝ができない 絶対にふらつかない吊り革の掴み方の研究と考察
発売中
出演:渡瀬純、内田真礼、洲崎綾、朝香歩美、五木昶、北川瞳/ナレーション:斎藤千和
発売・販売:ポニーキャニオン
価格:3024円(税込)


内田真礼、洲崎綾もナレを務めた! 「本気でパンチラ撲滅を考えている」妄想科学研究所の野平花男を直撃のページです。おたぽるは、その他アイドル&声優トレーディングカードホビー声優つぼみパンチラ内田真礼洲崎綾野平花男の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!