原田真緒の戦略とグソクへの愛
グソク好きアイドル略して“グソドル”です!

 今年の2月、5年以上の絶食の後に死亡して、話題を呼んだダイオウグソクムシ。ダンゴムシのような見た目のグロテスクな深海の節足動物だが、今、このダイオウグソクムシが日本中で大ブレイク中だ。「ダイオウグソクムシたん」「グソクたん」などの愛称で呼ばれ、ぬいぐるみやiPhoneケースなどのグッズも続々登場し、売れ行きも右肩上がりになっている。そんな中、アイドル業界にも“グソドル”を名乗るアイドルが登場し、6月14日には、ダイオウグソクムシをデザインしたTシャツやポロシャツなどのオリジナルグッズを発売。ただブームに便乗しているだけなのでは?という疑惑が漂う中、“グソドル”を名乗る原田真緒に、真相を聞いた。

――ダイオウグソクムシは、いつから好きになったのですか?

原田真緒(以下、原田) 三重県の鳥羽水族館にいた“1号たん”が、5年ほど絶食しているというネットのニュースを見て、ダイオウグソクムシを知りました。その後、3月29日のニコニコ生放送で、本当に食べないのかというのを48時間観察する生放送があったんです。鳥羽水族館の水槽をただ眺める放送だったのですが、それを観ていたらめちゃめちゃ気になって。見た目もかわいいなと思うようになって、いつの間にか寝る間を惜しんで放送を観ていて、好きになっていました。

――では、今のダイオウグソクムシブームの前から好きだったんですね?

原田 そうですね。今から、1年2〜3ヵ月くらい前ですかね。

――ダイオウグソクムシの魅力は、どんなところにあるんですか?

原田 ダイオウグソクムシは、あまり動かないんですけど、動いた時の喜びがすごいんですよ。私は、わびさびみたいに、静と動が一緒にあるところに魅力があると思っています。あと、目の形がアニメキャラみたいなんです。3500個の複眼で成り立っているのですが、その大きな目がかっこよく見えたり、かわいく見えたりして、そういう見た目も好きです。

■ニコ生公認のグソドルです

――では、“グソドル”を名乗ったきっかけを教えてください。

原田 いつだったかな(笑)。グソクが好きというのは、1年2〜3ヵ月前から言っていたんです。ダイオウグソクムシを好きな人を“グソラー”と言っていたので、最初は「私はグソラーです」って言っていたんです。でも、グソラーだけどアイドルだから“グソドル”という語感が気持ちいいなと思って名乗りだしたら、みんなが「グソドルwww」って草を生やしてくれたので、気に入って使っています。

――ダイオウグソクムシがブームになり、さまざまなグッズも発売されていますが、気に入っているものなどはありますか?

原田 やっぱり、今年4月に行われたニコニコ超会議3で限定発売された、1号たんがモデルのiPhoneケースはレア感があるし、すごくリアルだから好きですね。グソラーとしては、もともと私がコレクター気質でもあるので、いろいろなグッズが発売されるのは、すごくうれしいです。でも、たまにブームに乗っかろうとして、グソクのことを知らないで作ったようなグッズも出ているので、そういうのはファンとして悲しいですね。

 例えば、LINEのスタンプに、誰もが作れるクリエーターズスタンプがありますが、クオリティーの高いものは私も使っているんですけど、7対14本の足の数が違うとか、絶対にグソクのことを知らないで乗っかっただけでしょ、というのがあるんです。本当に好きじゃないなら、グソクを使わないで! って思いますね。

原田真緒の戦略とグソクへの愛

――原田さんは、ブーム便乗したのではなく、本当にダイオウグソクムシを愛しているんですね。

原田 そうなんです。だから、最初の頃は、「ダイオウグソクムシが好きです」と言っても、みんなに「何それ?」って言われていました。でも、最近は、「はらだんが好きだっていっていたの、テレビで観たよ」って言われることが多くなって、すごくうれしいですね。

――原田さんの昔からのファンは、“グソドル”としての原田真緒さんをどう思っていますか?

原田 最初は、その虫のどこがいいのかわからないという感じでしたが、ブログに画像やグッズを載せたり、こんな放送してるよって紹介していたら、かわいく見えてきたと言ってくれるようになりました。6月14日は、グソTとグソポロ(ダイオウグソクムシをデザインしたTシャツとポロシャツ)の発売初日でしたが、昔からのファンも買いにきてくれました。

――グッズの初日の売り上げは、どんな感じでしたか?

原田 売り上げは、いつものアイドルグッズよりいいです! 売り上げがいい時の2倍くらいあります!

――グソラーも買いにきたということですか?

原田 いらっしゃいました。あるグソラーさんは、3〜4年前から(グソク)好きだったようで、(グソクを)検索していて私を見つけて、グッズを販売するとブログに書いてあったから、私のことを調べたそうなんです。そして、私を本物のグソラーだと知って買いにきてくれたんです。

――グソラーから原田真緒さんのファンになる方もいらっしゃるんですね。でも、ほかのグソラーからは、ブームに便乗していると思われたことはないですか?

原田 ニコニコ超会議3の時、私がグソクを好きになったきっかけになった番組のシリーズを放送することになり、そのMCとして呼ばれたんです。最初は、視聴者のみなさんから、ただのMCのお姉さんだと思われていたのですが、私がグソクの好きなところなどを話しているうちに、「この人、本当に好きなんだ」というコメントが増えたんですよ。だから、一応、ニコ生公認のグソドルです。

――では、仕事は増えましたか?

原田 仕事に結びついたのは、ニコニコ超会議3のMCと今回の商品の発売ですかね(笑)。

原田真緒の戦略とグソクへの愛

■ありきたりの趣味を言っても意味がない

――もともと原田さんといえば、2012年ごろ、ブログのコメント数に応じて脱いでいく“脱衣ぶろぐ”で話題になりましたが、これは狙ってやったのですか?

原田 脱衣ぶろぐも、みんなが楽しめる企画をしたいと思ったのがきっかけなので、話題になるとは思ってなかったんですよ。でも、Yahoo!ニュースなどに取り上げていただいたので、その時はさすがに何回かやらないとだめだと思って、話題に乗っかりましたけど。

――では、原田真緒さんは、今のアイドル業界をどのように見ていますか?

原田 ただ見た目がかわいいだけじゃ、売れない時代だと思います。この子はこれが好きとか、キャラ立ちしていないとメディアも使いづらいですから。「グソクが好きです」って言ってからは、差し入れもグソクのものが増えましたし。脱衣ぶろぐをやる前は、本当に仕事がなかったんです。水着になる機会もなかったので、ブログを使って自宅でやっていたわけなのですが。ファンを喜ばせたいという想いがきっかけですが、脱衣ぶろぐをやったり、グソラーを名乗ってからはオファーも来るようになりました。

――アイドル業界で生きるために、重要視していることを教えてください。

原田 グソクもそうですが、好きなことを突き詰めることですね。料理とか読書とか映画鑑賞とか、中途半端だったり、ありきたりの趣味を言っても意味がないんです。だから、自分が好きなものを突き詰めていくことが大切だと思っています。

――ブームが去っても、ダイオウグソクムシへの愛は変わらない?

原田 それは変わらないですね。仕事がなくなるからどうこうではなく、仕事がない時から好きだったので、絶対に変わらないです。

――話題作りではなく、本当にダイオウグソクムシが好きなんですね。

原田 私が好きだと言いだした頃は、ニッチな趣味だとわかっていたので、話題になるとは思ってもいませんでした。でも、ファンと共通の趣味を作りたくて、ネットで「好きだ」と言っていたら、ファンにも好きになってもらったし、いつの間にかグソクがすごいブームになっていたので、びっくりしました。

――では、最後に、最近グソドルとしてうれしかったことを教えてください。

原田 グソドルとしての仕事で、昆虫好きの哀川翔さんと話せたことですね。哀川さんはグソクをまだ見たことがなかったので、グソクがいる水槽までお連れして、説明したんです。哀川さんに興味を持っていただいたのが、うれしかったです。グソクを広めたいので、哀川さんが「グソクはいいよ」って言ってくれたら、もっと注目が集まると思うんです。

――もし、そうなったら、便乗する?

原田 「(哀川さんにグソクを)紹介したのは私です」って、便乗しますね(笑)。私、“ゲスドル”とも言われることが多いので、そのあたりのゲスさも持っていますよ。一番多いのは下ネタ好きというゲスなのですが、売名的なゲスもたまに言うので、もしそうなったら、そりゃぁ言います。すかさず売名しますね(笑)。
(取材・文/桜井飛鳥)

■原田真緒
1988年8月5日生まれ。A型。
2012年、公式ブログでコメント数に応じて服を脱いでいく「五月病打破!脱衣ぶろぐ」を行い、Yahoo!ニュースなどで取り上げられ話題になる。2014年のニコニコ超会議3の超ダイオウグソクムシブースでは、輸送生中継の番組やステージでMCを務めた。『真夜中のおバカ騒ぎ!』(TOKYO MX、千葉テレビ)、『ピグ☆1 アイドルガチセンス決定戦』(つくばテレビ)に出演中。秋葉原にあるアイドルが接客してくれるメンズアパレルショップ、セフィロティック・ツリーでキャストとしても出勤している。
公式ブログ http://ameblo.jp/haradan0805/
セフィロティック・ツリー公式サイト http://sephirothictree.com/
原田真緒 所属事務所パイク・プランニングHP http://pike-plan.com/

グソT、グソポロ、グソシャツは6月22日(日)までの期間限定で、電話による受付にて通販中!
電話:03-5577-5013
営業時間:11:00~20:00

原田真緒の戦略とグソクへの愛…ダイオウグソクムシ・ブームに乗った!? のページです。おたぽるは、catインタビューcatギャラリーアイドルアイドル&声優インタビュー原田真緒の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ