1406_reboot.jpg
映画キカイダーREBOOT公式HPより。

 上映中の映画『キカイダーREBOOT』。「40余年の時を超え、今ここに蘇る!!」の謳い文句とは裏腹に鑑賞した人々からは「石ノ森(章太郎)のスピリットがまったくわかっていない」「良心回路がない製作委員会」、挙げ句の果てには「素人?」と散々な評価がなされている。新規のファン層を取り込むこともできず、かつてTVの前で熱狂した少年たちを取り込むこともできず……。いったい、なぜこのような作品になってしまったのか。それを改めて検証してみたい。

 1972年(昭和47年)7月8日、平均視聴率27%を誇った『8時だョ!全員集合』(TBS)と同じ時間帯にもかかわらず、特撮系ドラマとしては異例の土曜夜8時スタートという『人造人間キカイダー』(NET/現・テレビ朝日)の放映が開始された。

 当初、この放映枠は高視聴率を誇るドリフの裏番組だったために苦戦を強いられていたものの、大方の予想に反して第1クールで16%という高視聴率を記録。キカイダーは瞬く間に時代のヒーローとなったわけだが、同系列に語り継がれる『ウルトラセブン』や『仮面ライダー』の初回放映が共に夜7時台だったことを考えると、あながち当時の視聴者を安易に“子供たちだけ”とは限定できない時代背景もあったのだろう。

 40数年前にさかのぼる初回放映時の記憶をたどってみると、今も鮮烈なイメージが脳裏をかすめる。まずは、左右非対称ながら身体中央から赤と青に区切られている複雑なキカイダーの造形。そして、その透明な半頭部からはメタリックで無機質な機械がむき出しになっているという、かつて類をみないキャラクターデザインに度肝を抜かれた。

 そんな驚異的な容姿で、これまた当時としては目新しいド派手なサイドカーを駆って並み居る敵に突っ込んでいくオープニング映像と、印象的なオープニング曲である「ゴーゴー・キカイダー」の「チェィンジー! チェィンジー!」なる、心地よいフレーズとの相乗効果により、これは相当にヤバいものが始まるんだという後ろめたさと同時に妙な興奮を覚えて、毎週末ドリフと天秤にかけつつ、次第に実験的でアバンギャルドな表層とは別物のなんとも悲観的な人間ドラマに心酔していったのだった……。

 視聴者を熱狂させたアイテムは、主人公・ジローのGジャン&ジーパン姿、アコースティックギターとサイドマシーン、キカイダーへの変身ポーズ。敵組織「ダーク」が放つ幾多の等身大敵方ロボットやプロフェッサー・ギルが奏でる悪魔笛、すべてが斬新な試みの連続だった。

再起動すべきはKADOKAWAじゃないのか? 『キカイダーREBOOT』が忘れた特撮の原点のページです。おたぽるは、その他特撮KADOKAWAキカイダーREBOOTの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!