>  >  > 風俗業界が“オタク”文化の影響を受けている!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140615_oretai.jpg
俺の旅」2014年 07月号(ミリオン出版)

 アニメのコスプレをした女の子と遊べる風俗店が増えていることをご存じだろうか? 近年、風俗誌のグラビアでは“アニオタ系”と紹介される風俗嬢や、「アニメが好き」と店のプロフィールに書いてある風俗嬢もいるらしく、今、“オタク”文化が風俗業界に影響を与えているというのだ。そこで、風俗店を取り上げ続けて11年の風俗誌「俺の旅」(ミリオン出版)の編集長・生駒明氏に “オタク”と“風俗”の深~いつながりを熱く語ってもらった。

――「俺の旅」でもコスプレ風俗店の特集をしていたり、グラビアページにもアニメが好きと言っている風俗嬢がいたりなど、オタク文化が風俗にも浸透している印象があるのですが、実際のところオタク風俗嬢って本当にいるんですか?

生駒 オタク風俗嬢は非常に増えていますね。本当に山ほどいます。そして、風俗業界も同じく、オタク風俗嬢の受け皿となるオタク風俗店が増えているんです。例えば、コスプレ専門店や、学園系の専門店、メイド専門店などが挙げられますね。有名なのは「萌えちゃんねるグループ」。アニメやアイドルのコスチュームがかなり充実していて、『ラブ○イブ!』や『魔法○女まどか☆○ギカ』などのアニメ系のコスチュームや、『東○project』や『艦○こ○くしょん~艦こ○~』などのゲームのコスチュームまで取り揃えているんですよ。女の子の求人にも「マンガやゲームが好きな子を募集」と書かれていて、働いている子もみんなオタク。まさに“オタク”尽くしですよね。

――風俗嬢も風俗店もオタク化されているんですね! ユーザー側となる客もオタク化が進んでいるのでしょうか?

生駒 風俗の客層もオタクが増えているなという印象です。オタクって以前はもっと根暗なイメージだったけど、最近は普通のオタクも結構いますよね。オタクが市民権を得つつあるし、一般社会がオタクに寛容になっているような気がします。それと同時に、風俗にもオタク文化が浸透してきているんです。「萌えちゃんねる」以外の風俗店のホームページとかを見ても、アニメ絵を使っている店が増えています。オタクの客に狙いを定めているような気がしますね。

――確かに、オタク人口は増えていますよね。それに風俗店も目を付けたのですね。

生駒 もともと、時代背景と風俗はリンクしています。そして、風俗はサブカルチャーに大きく影響されているんですよ。80年代の、素人をアイドルに起用した「おニャン子クラブ」ブームの時は、素人系風俗が誕生し流行しました。その後も90年代の「モーニング娘。」などのアイドルブームに便乗して、風俗嬢をアイドル化し「フードル(風俗+アイドル)」と呼んで、その頃に登場した風俗専門誌などのグラビアを飾るという現象が起きています。昔は、風俗嬢なんて実話誌などで少し取り上げられるくらいで、大々的に風俗嬢がメディアに露出することは当時ではありえないことだったんですよ。

 最近では、「会いに行けるアイドル」をコンセプトにしたAKB48の人気によって、さらに風俗嬢の素人化(「ヌイてくれるアイドル」)が進んでいるような気がします。また、AKB48のメンバーって黒髪の子が多いですよね。実際、現在風俗店のランキング上位に入る子は黒髪で、清楚でおとなしそうな子が多いんです。黒髪の女の子を集めた風俗店もあるほどなんですよ。

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】“現役行政書士”グラドル小山田経子が、思い切りM字開脚!?「すごくエロい……」new
【ソフマップ】アイドルユニット「sherbet」星優姫“Tバックに目覚める”!?「内心ヒヤヒヤ……」
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」堀井仁菜、念願のDVDをリリース!「慣れてない感じが……」
【ソフマップ】アイドルグループ「恥じらいレスキューJPN」ブラダ、セーラー服を脱いで!?「もうギリギリ……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!