1405_rhousoku.jpg
NHK『Rの法則』公式HPより。

 最近では、すっかり市民権を得た観のあるライトノベル(ラノベ)だが、特に10~20代を中心に人気を博している。そして、5月20日には、NHK Eテレ『Rの法則』で「ラノベの世界リターンズ」が放送された。『Rの法則』は同公式HPの説明によると、“10代が「気になる話題」をピックアップして、高校生の視点でリサーチ&ランキング”し、“10代から見た世の中の動き”を見る番組。

 今回の「ラノベの世界リターンズ」は、2012年に同番組で放送された「ラノベの世界」に続く第二弾となる。インターネット生放送を実施しながら、女子高校生とネットユーザーが人気ラノベでグッときたセリフやシーンを調査し、ラノベが心に刺さるワケを分析するということだった。

 同番組では、10代女子612人に調査をした結果として、人気のラノベトップ3が発表されていた。まず3位は『ソードアート・オンライン』(以下、SAO)。「キャラクターがかっこいい」、「ゲームの世界という設定が面白い」といった理由がランクイン。また、グッときたセリフとして、主人公・キリトの「オレの命は君のものだ アスナ だから君のために使う」といったものがピックアップされていた。

 2位は『デュラララ!!』。本作では、「ゆがんでいるところ」「うざい感じがたまらない」「ドSなところ」と、劇中キャラ・折原臨也が人気の理由として挙げられていた。

 そして1位には、10代を中心に絶大な人気を確立している『カゲロウデイズ』が選ばれていた。特に10代女子の胸キュンポイントとしては、カノの「何を考えているかわからない」「気さくなところ」「人を思いやるところ」だという。

『SAO』のキリトは少し色が異なるが、10代女子にはいまだに“斜に構えた”感じの“オレ様系”男性が人気のようだ。

 また、番組ではニコ生を通じて「ラノベあるある」を募集。すると「(恋人が)幼馴染み」「よく屋上が舞台になる」「転校生」といった王道の設定が多く寄せられた。これに対してスタジオの出演者たちは「幼馴染にイケメンがいない!」「最近の学校は屋上に入れない!」「なかなか転校生が来ない」といったトークを展開。現実にはなかなかない状況だけにラノベの王道の設定となり、憧れともいうべきそのシチュエーションを追体験できるからこそ、ラノベは10代の読者を特に惹きつけるのかもしれない。

 時代とともに多感なティーンネイジャーたちに多大な影響を与える小説は、純文学から大衆小説、ケータイ小説、そしてラノベへと転換してきた。その裾野を広げつつあるラノベ受容に今後も注目したい。

10代女子に人気の『カゲロウデイズ』キャラは…? Eテレが特集したライトノベル受容の現在のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベライトノベルカゲロウデイズソードアート・オンラインデュラララ!!の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!