1405_illacon.jpg
「pixiv」内のいらこん公式HPより。

 5月16日深夜にフジテレビ系で放送された番組『いらこん』にて、新コーナー「芸能人イラスト予備校」がスタートした。『いらこん』は2013年の10月から毎月放送を予定している番組で、テレビとウェブ(イラスト投稿SNS「Pixiv」)を組み合わせてイラストコンテンストを行うものとなっている。第7回目となる今回から始まった同コーナーでは、イラストレーターの岸田メルが講師となり、芸能人の生徒のイラストにアドバイスしつつ、レベルアップを図ろうというもの。

 予備校の生徒は、声優の徳井青空、でんぱ組.incの成瀬瑛美、ヴィジュアル系バンド「THE MICRO HEAD 4N'S」のTSUKASA、お笑い芸人のキンタロー。の4人。今回は「かわいいポーズをした女の子の全身」を題材に、それぞれイラストを披露した。

「月刊ブシロード」でマンガ連載をしている徳井、もともとマンガ家志望だったという成瀬は2人ともツインテールの華奢な女の子を描き、出来も上々。女性から見てもツインテール女子はかわいらしく見えるようで、それぞれミニスカートから細くて長い足がのぞくという構図も一緒だった。なるほど、これが女性の思うかわいい女の子像ということか。特に成瀬のイラストは、そのまま少女マンガ誌に載っていても違和感がないほどの達者さで、彼女の本気度を伺わせた。

 この2人と対照的に、TSUKASAとキンタロー。はショートカットの女の子を描いたが、衝撃的だったのが、キンタロー。の描いた90年代テイストの漂う古臭さい女の子。本人曰く「内田有紀の休日がテーマ」らしいが、そもそもテーマ自体も90年代前半なので仕方なしといったところか……。衣装こそAKB48風なのだが、顔の作りがどうしてもノスタルジックなタッチになってしまうのは30代の性なのかもしれない。

 番組ではこれらのイラストを岸田がチェックし、そのアドバイスを受けてそれぞれが修正するところまで放送。修正後はそれぞれ一段レベルの上がったイラストになっているので、2回目以降もどんどんレベルアップしそう。キンタロー。のイラストがどこまで現代っぽくなるのか、今後も追いかけていきたいところだ。

 岸田による各イラストへの赤入れは、Pixiv内でのタグ「芸能人イラスト予備校」(参照)を見ると確認できる。プロのイラストレーターによる“赤”は絵を描く人には参考となるはずなので、気になる人はチェックしてみよう。

 そのほか、同番組内ではTOWER RECORDSアイドル専門レーベル「T-Palette Records」3周年記念イラストコンテストに集まったイラストの中から、最優秀作品をリアルタイム・ユーザー投票で決めるといった企画なども実施されていた。『いらこん』次回放送は6月27日を予定しているとのことで、今後の企画にも注目だ。

絵描きは必見!? 『いらこん』で、90年代テイスト溢れるキンタロー。のイラストを岸田メルが指導!のページです。おたぽるは、その他ホビーツインテールミニスカ岸田メルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…