安田理央の「特殊古書店ダリオ堂」 第4回

――ようこそ、「特殊古書店ダリオ堂」へ。当店では、ちょっと変わった本たちを皆様にご紹介していきましょう。

140507_rio01.jpg
『いじわるフォーカス―パロディ・カメラ』(日本文芸社)

 90年代末から00年代初頭まで、ネットにあふれていたアイコラ(アイドルコラージュ)も、名誉毀損での逮捕者が出るなど、当局の締め付けで沈静化。最近はめっきり目にすることも少なくなり、もはや懐かしい言葉という感じすらありますね。

 アイコラというと、フォトショップなどの画像加工ソフトとネットの普及によって生まれたものという印象があるのでしょうが、実はパソコンが一般化する以前から、存在していたのです。

 そう、アイドルの顔写真とヌード写真を切り抜いて貼るという極めてアナログな手法で、アイコラを作っていた人たちが、昔からたくさんいたのです。エロ本の投稿ページなんかにもアイコラコーナーがあったんですよ。ええ、もちろんフォトショップで作ったアイコラとは天と地ほどに違うクオリティで、不自然極まりない完成度なわけですが、苦労して作っている分だけ、その鬼気迫る情熱が伝わって来るんですよね。

 さて、今回紹介する『いじわるフォーカス-パロディ・カメラ』(日本文芸社)は、1984年に出版されたフォトコラージュ本。日本ではパソコンと言えばPC-9800シリーズが全盛、アメリカでは初代マッキントッシュが発売された頃です。パソコンで写真を加工するなんて夢のまた夢という時代。

 この本は、フォーカスの長寿連載だったマッド・アマノの「狂告の時代」のスタッフ(というかゴースト?)である4KandSというチームの手による物で、彼らはこのフォトモンタージュのことをパロディ・カメラ、パロカメなんて呼んでいます。このあたりの言葉のセンスも時代を感じさせますね。

※原田知世が●●している!? その中面は次ページで!

45歳からのアニメ入門

45歳からのアニメ入門

コラージュはしてません

原田知世のパンチラに戸川純のおっぱい丸出しショットも!? アナログ時代のフォトコラージュ本が熱いのページです。おたぽるは、cat連載書籍連載いじわるフォーカスパンチラ安田理央特殊古書店ダリオ堂の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
桜群の「2017年自分が選ぶ今年の4枚」がどれも天使すぎてやばい!!new
小泉千秋の露出度が一段と過激に?「ブラを取っちゃって、手ぬぐいだけで前を隠しています」
葉月佐和がスッケスケのセクシー衣装で悩殺?「レースだけで大事な部分を隠して、あとはかなりの露出度です」
ほのか、撮影カメラが近すぎてドキドキ?「毛穴のケアは念入りにしておきました」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…