1403_yamakan.jpg
山本寛監督が手がける劇場版アニメ『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』。 

 アニメーション演出家としてテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』に携わり、その後『らき☆すた』(1話~4話まで)『かんなぎ』『フラクタル』などの監督を務め、現在テレビ東京系で放送中の『Wake Up, Girls! 』(通称::WUG!)の監督を務める山本寛氏が3月11日、自身のツイッター上においてアカウントを凍結するかのような書き込みを行い、大きな反響を呼んでいる。

 山本氏はツイッターにて、このように綴っている。「大震災から三年経って、私にとってのTwitterの用途も一段落したと思います。よってこのアカウントは手放します。削除という形ではなく今後はOrdetスタッフに管理してもらうこととなりますので、返信はできませんが皆さんのリプは読めるようにしておきます。急な告知ですがご了承ください。」(山本氏のツイッターより/外部参照

 山本氏といえば、かなり早い時期から自身が手がけた作品の評価をめぐり、ネットを介して個々の視聴者と丁々発止の論戦を繰り返してきた。またアニメ業界内外への歯に衣着せぬ多くの発言によって、多方面より毀誉褒貶相半ばする人物という評価を得ていることでも知られる。

 今回の山本氏の真意は不明だが、同氏のツイッターでは現在手がけている『Wake Up, Girls! 』放送開始直後から同作について毎週活発な発言を繰り返していたのに対し、3月半ばという最終回まで数回の放映を残した時点で急に発言の場を閉ざしてしまうのにはいささか不可解な印象を与える。また過去の山本氏個人の見解や思考に基づいて、他ユーザーとの意見交流・交歓を発信してきたアカウントを、ログの保存・消去の判断含め自身の会社Ordetのスタッフへ一任してしまうのも、一種の責任転嫁とも取られかねない点もあるのではなかろうか?

 13日現在、山本氏のアカウントは沈黙したままであり、スタッフによるなんらかの作業が加えられた形跡もないように思われる。同氏がツイッター開始以前に運営してきた個人のウェブサイト『妄想ノオト』は、日記形式から雑誌連載を経てメールマガジンへと次々に形態を変え継続してきたが、このメルマガも数号の発行の後休会中であり、このままツイッターを終了すれば山本氏個人による情報発信のメディアを閉ざすことになる。

 今までの数度に渡る『引退宣言』などによって、アニメ業界随一のお騒がせ男との風評もある山本氏。果たして今回の騒動はどのような幕引きを迎えるのか、『Wake Up, Girls! 』終盤ともども見逃せない展開となりそうだ。

お騒がせアニメ監督“ヤマカン”に何が起こった!? アニメ『WUG!』終了間近にツイッター引退宣言!!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情OrdetWake Up Girls山本寛の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…