1403_academy.jpg
長編アニメーション部門を受賞した『Frozen』(邦題『アナと雪の女王』/画像上)と、短編アニメーション部門受賞の『Mr. Hublot』(画像下)。画像はそれぞれ公式HPより。

 3月3日(日本時間)、第86回アカデミー賞の各受賞作品が発表された。日本からは長編アニメーション部門に宮崎駿監督の『風立ちぬ』(『The Wind Rises』)、短編アニメーション部門に森田修平監督の『九十九』(『Possessions』)がノミネートされていたことで話題になっていた。

 これらの作品が受賞すれば、日本人として、長編アニメ部門では同じく宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』以来、短編アニメ部門では加藤久仁生監督の『つみきのいえ』以来であったが、惜しくも両作品とも受賞を逃した。受賞したのは、長編アニメ部門は日本では3月14日から上映されるディズニーの『Frozen』(『アナと雪の女王』)、短編アニメ部門で『Mr. Hublot』となった。

 このほか長編アニメ部門には『The Croods』『Despicable Me 2』『Ernest & Celestine』、短編アニメ部門には『Feral』『Get a Horse!』『Room on the Broom』がノミネートされていた。

 なお、邦題はそれぞれ、長編アニメ部門の『The Croods』は『クルードさんちのはじめての冒険』、『Ernest & Celestine』は『アーネストとセレスティーヌ』、『Despicable Me 2』は『怪盗グルーのミニオン危機一発』となっている。

 一方、短編アニメ部門で受賞した『Mr. Hublot』は、主人公が拾ってきた「子犬」の成長が描かれる作品である。「スチームパンク」や「レトロフューチャー」の世界観に惹かれる人にはたまらないだろう。

『風立ちぬ』『九十九』受賞ならず…ウォルト・ディズニーを“人力ボカロ”化するアカデミー賞ノミネート作のヤバさのページです。おたぽるは、アニメイベント情報・レポMr. Hublotアカデミー賞アナと雪の女王九十九風立ちぬの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
大澤玲美が初の奥様役に挑戦! リアルな結婚は「撮影で奥様気分を味わったのでもういいかな」new
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…