1402_aimane.jpg
あいまねっ!-Idol is money!?-(一迅社/平山ひろてる)

 重大発表としてモー娘。に森三中の大島美幸と黒沢かずこを加えた新ユニット「モリ娘。」の結成を発表したつんく♂。メンバーの猛反発をよそに、つんく♂は新たなフォーメーションダンスも開発し、「モリ娘。」内ではセンター争いも起こっているよう。また、指原莉乃の博多移籍や峯岸みなみの降格処分、“総選挙”というシステムを生み出したり、AKB48メンバーが過酷な試練にガチで挑戦するバラエティー、さらに今月24日には“大組閣祭り”を控えるなど、アイドルに対してさまざまな試練を課してきた秋元康。ももいろクローバーZの川上アキラ・マネージャーも、彼女たちをかわいいアイドルとしてではなくプロレス的な発想で売り込むし、『あまちゃん』の挿入歌を担当していたベイビーレイズは、今年武道館公演を果たせなければ解散という公約がある。こんなふうに、プロデューサーたちは常にアイドルに対して過酷な試練を課してきた。そして、1月18日に発売されたラノベ『あいまね!-Idol is money!?-』(一迅社)にも、「カネにならないアイドルはクビだ!!!」をモットーにする敏腕プロデューサー佐藤伸吾が登場する。 “鬼の佐藤”と呼ばれる伸吾が、アイドルビジネスのために政府が運営する二宮学園を舞台に、可能性だけを秘めた少女・西宮有紗をプロデュースしていくのだが、なぜプロデューサーはアイドルに過酷な試練を与えるのだろう?

 そもそも、今では2次元、3次元に関わらず、いろんなタイプのアイドルが溢れている。そのなかで、ただ見た目がかわいいだけではもはや生き残れないのだ。だから、いろんなことに挑戦できる人や自分の強みを見つける。あるいは、作り出す必要がある。そこで必要になってくるのが、試練だ。顔もスタイルも平凡なステータスだった有紗にとって、何が強みになるのか。逆に、弱点はなんなのか。それを知るためにも、佐藤は段ボール9箱分のティッシュを何日かかってもいいから全部配りきるというミッションを与えたり、いいというまでひたすら踊り続けさせたりする。ここで彼女の強みや弱点を知ると同時に、今後も目の前に立ちはだかる試練に耐えられるだけの力があるか見ているのだ。プロレス方式でメンバーの闘争心を煽る川上マネージャーに、YouTubeの公式チャンネルでスマイレージに公開ダメ出しをし、「解散させてしまうと楽なんで無理から頑張らせる」と言ったつんく♂。彼らも、アイドルたちの中からほかにはない魅力を引き出すために試練を与えているのだろう。

 また、アイドルには愛嬌が必要だが、そのためにも笑顔は必要不可欠。人は、「どんなに苦しいときでも、くじけそうなときでも、笑い飛ばせる奴に勇気をもらおうとする」もの。つらさを表に出さず、どんなときでも笑えるからこそ、アイドルなのだ。この力を身につけるためにも、やはりつらく、苦しい状況に追い込む必要がある。これは、努力してもなかなか身につけられないし、身につけるにも時間がかかる。しかし、有紗は「鬼の佐藤」と呼ばれる佐藤を見ても動じないし、どんな試練を与えられても、いつもきらきらとした笑顔を欠かさなかった。そんな彼女には、ありとあらゆる女の子を見てきた佐藤でも数値化できない「未知数の希望」があったのだ。AKB48のミーティングで「目の前に二つ道があったら辛い方へ進め」という名言を残している秋元も、そんなアイドルを育てようとしているのかもしれない。

 しかし、周りからどんなに鬼と呼ばれようとプロデューサーがアイドルたちに過酷な試練を与えることができる1番大きな理由。それは、彼らも一緒に戦っているからではないだろうか。「モリ娘。」結成発表の場を設ける際、マスコミ各社に送ったFAXで「これは彼女たちにとっても、そして僕にとっても大きなチャレンジであると感じています」と綴ったつんく♂。トップアイドルになること。有名になって売れて、たくさんのファンに応援してもらうことは、アイドルだけの目標ではなく、プロデューサーの目標でもある。『あいまね!-Idol is money!?-』でも、元トップアイドルで、引退してプロデューサーになった少女・柳沢万桜が登場するのだが、彼女は自分が担当するアイドルに対して「万桜がたどり着けなかったところに、たどり着いてくれそう」という希望を託している。同じように、両親が売れないアイドルで苦労した伸吾は、「最高に売れるアイドルを育てる。それで、金を稼ぐ」ためにどうやったら売れるかを1番に考えている。でも、それに耐えて食らいついてくる人じゃないと試練を課すこともできない。ただ言うとおりについてくるアイドルではなく、「共に戦い、共に苦難を乗り越えていく」ことのできるアイドルが売れるのだ。

 それに、プロデューサーはただ試練を与えて厳しくしているわけではない。伸吾は、有紗が周りにいじめられ、妨害されているとわかったら、その相手に土下座してでも全力で守ろうとする。自分のために、ここまでしてくれる。それがわかっているから、どんなにつらくてもアイドルだって頑張れるのだ。やはり、成長し、売れるために試練はつきもの。もしその試練が過酷に見えるとしたら、それは、それだけ強い信頼関係で結ばれているということの表れなのかもしれない。
(文/篠山サクラ)

あいまねっ!-Idol is money!?- (一迅社文庫)

あいまねっ!-Idol is money!?- (一迅社文庫)

プロデューサーさん!ラノベですよ、ラノベ!

アイドルのプロデューサーはなぜアイドルに過酷な試練を与えるのか!?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベライトノベル作品レビューあいまねっ!つんく♂モリ娘。川上アキラ秋元康の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?