1402_sazae_voice.jpg
アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!(扶桑社)。

 1月に急逝した声優・永井一郎氏。逝去以来、話題になっていたのは、永井氏の代表的な役柄である『サザエさん』波平役の後任だった。これに選ばれたのが、声優の茶風林氏である。今月16日、茶風林氏が波平役を演じた『サザエさん』が、初めて放送された。ネットでは一部で「違和感がある」といった声もありながらも、「すぐに慣れそう」「最初だから変に感じるのは仕方ない」など、概ね好意的に受け止められているようだった。

 茶風林氏は、1961年生まれの52歳。『ちびまる子ちゃん』の永沢君、『名探偵コナン』での目暮警部役などで知られる人物である。まだ52歳だけに、波平の声はしばらく茶風林氏ということになりそうだ。しかし、『サザエさん』の声優交代について、懸念は尽きない。

 その理由は、『サザエさん』に出演するほかの声優の高齢化が進んでいるからである。『サザエさん』の放映開始は69年。主人公であるサザエの声は、放送開始以来、一貫して加藤みどり氏が演じている。また、タラオ役の貴家堂子氏、フネ役の麻生美代子氏も、同じく放送開始からのメンバーである。加藤氏は39年生まれの74歳。貴家氏は、41年生まれの73歳。麻生氏は26年生まれの87歳で、今なお現役を続行中だ。

 このように、『サザエさん』は長寿番組ゆえにレギュラーメンバーの高齢化が著しい。09年には、麻生氏が急病のため一回に限り代役で収録を行なったこともある。カツオやワカメについては、現時点で三代目の声優が務めている。これまで『サザエさん』は、声優が少しずつ交代していくという形で番組を継続してきた。今後も、番組が終わらない限り、聞き慣れた登場人物の声が変わる事態は避けられないだろう。視聴者としては、いつ突然声優が交代するのかと思うと心配が尽きない。

 長寿番組ゆえの悩みである、この“声優交代”を見事に解決したのが『ドラえもん』だ。『ドラえもん』は05年に、主要声優の一挙交代を実施。ドラえもんの声優は、長年親しまれた大山のぶ代氏から水田わさび氏へと交代した。もちろん、交代当時はさまざまな意見があった。やはり、“ドラえもん=大山のぶ代の声”というのは、現在の20代以上の世代にとって子ども時代から刻み込まれたもの。それゆえに、こうした世代の中では水田氏の声を「合わない」「違和感が強い」という意見も強かった。

 しかし、すでに交代から9年あまり。もはや、“ドラえもん=水田わさびの声”というのが世間には定着している。当然のことながら、最近の子どもたちの中では、むしろ大山の声に対して「昔のドラえもん」という見方が一般的となっている。

 このように『サザエさん』も、声優の一挙交代を行うのもひとつの手ではある。“サザエさん=加藤みどりの声”は定着しきっている。これが交代となれば、相当の違和感を与えることは間違いないだろう。ただ、永井氏のように突然の不幸などで、悲しまなければならない事態は避けたいもの。日本の国民的アニメたる『サザエさん』。45周年を迎えたという長き歴史ゆえに、こうした施策についても、一度真剣に検討すべき時期に来ているのかもしれない。
(文/隅田川留)

波平交代後の『サザエさん』が初放送 国民的アニメが抱える懸念とは…?のページです。おたぽるは、アイドル&声優アニメアニメ業界事情声優サザエさんドラえもん永井一郎茶風林の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ