1312_marina1.jpg
marinaさんの素顔に迫ります!

 先日、新宿駅前での発売記念イベントで注目を集めたPlayStation 3専用ソフト『解放少女 SIN』(その様子はこちら)。ニンテンドー3DS用オムニバスゲーム『GUILD01』収録のシューティングゲーム『解放少女』の続編となる今作は、『STEINS;GATE』などを手がけたことでも有名なアドベンチャーゲームの名手・5pb.がプラネットGとの共同開発で生み出したアドベンチャーゲームとなっています。

 そんな『解放少女 SIN』のオープニングテーマ「キミはもう、ヒトリじゃない」を歌うのは、ゲーソン界新進気鋭の歌姫・marinaさん。テレビアニメ『Angel Beats!』の劇中バンド「Girls Dead Monster」でアーティストのLiSAさんと共に注目を集め、その後も精力的に音楽活動を行っている彼女ですが、実はその素顔はまだあまり知られていませんよね。

 今回「おたぽる」では、marinaさんに直撃インタビューを実施! ニューシングル「キミはもう、ヒトリじゃない」についてはもちろんのこと、謎多きmarinaさんの本質にぐぐっと迫ってきました!

 CD発売にあたって、「前作に引き続き、今回もいいご縁をいただきました! ラッキー♪」と今の正直な気持ちを語ってくれたmarinaさん。そのサバサバしたキャラクター、異性にも同性にもモテそうです!

『解放少女 SIN』のオープニングテーマ「キミはもう、ヒトリじゃない」については「パワフルなデジタルロック。特にサビの歌詞が作品の雰囲気を伝えています」(marinaさん)。味のあるイントロから静かに歌い出し、徐々に盛り上げてサビで弾ける1曲に仕上がっています。作詞作曲を担当したのは、MAGES.の代表取締役社長でもある志倉千代丸さん。メロディにも歌詞にも千代丸ワールドが広がっていますね! 志倉さんには「歌うの難しかったでしょ」と言われたというmarinaさんですが、「楽しかったです!」と答えたそう。大物ですね……!

 そしてカップリングに収録されている「泡沫ノ花」は、PSP&PS3ソフト『花咲くまにまに』のEDテーマ。こちらは「キミはもう、ヒトリじゃない」とは打って変わってしっとりとしたバラードに仕上がっています。いとうかなこさんが歌うオープニングテーマ「悠久ノ空咲ク花」(いとうかなこさんへのインタビューはこちら)とは対照的に、男性目線の歌詞になっているというこの曲。marinaさんご自身は女性ですが、「脳みそは男性なので、歌詞を理解しやすかったです」とのこと。そして、「こういう風に思われる女性は幸せだなって思います」とmarinaさん。確かに、「僕の全てを君に捧ぐ」なんて、言われてみたいですね! 加えて、「恋人だけでなく、家族も思い浮かべられる曲に仕上がりました」と語ってくれました。

「アニメにもゲームにも触れずに生きてきた」ゲーソン界注目の歌姫marinaが未知の世界に挑んだ決意のページです。おたぽるは、その他メーカーアニソンアニメゲームmarinaインタビューキミはもう、ヒトリじゃない解放少女 SINの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?