1312_ladycool.jpg
『ジャンプLIVE』公式HPより。

“レンタル”ボディーガードの活躍を描くマンガ『LADY COLL』の第1巻が12月4日に発売となる。この作品は「週刊少年ジャンプ」のスマートフォン・アプリ「ジャンプLIVE」に連載されており、作者は『テニスの王子様』で知られる許斐剛。しかも、1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載されていた許斐先生のデビュー作『COOL - RENTAL BODY GUARD -』(すべて集英社)の女性バージョンなので、未読の方は大いに期待してもらっても結構なのである。

 そもそも『COOL - RENTAL BODY GUARD -』は、ラジカセの音声でしか会話をしないボディーガード“COOL”のぶっ飛んだ活躍を描き、短命に終わったものの一部に熱狂的な読者を獲得したカルト作。その続編(?)ともいうべき『LADY COOL』は、『テニスの王子様』でマンガ表現の新天地を切り開いた許斐先生が放つ、新感覚スタイリッシュな怪作なのだ。

 物語はなぜか命を狙われている少年が、レンタル・ボディー・ガードを雇うために、とある喫茶店を訪れるシーンからスタート。そこには、ラジカセで会話をする美人ボディーガードの“COOL”がいて……。

 まず、このご時世にラジカセ。スマートフォン・アプリ上で連載しているのに、最新のガジェットなんかクソ喰らえとばかりにラジカセ。すごくクール。で、主人公・COOLの特性が「相手にはずれクジを引かせる技術(テク)を持っている」こと。なんだかよくわからないけど、これもクール。そして、敵。「印税を抱いて眠ってろ」をはじめ、セリフが超クール。このほかにも、COOLの体術やボディスーツ、トリッキーな駆け引きなど、許斐イズムが随所にちりばめられていて、この一冊でお腹いっぱいになること間違いなし。

 また、スマートフォン・アプリで配信しているという特性を生かして、次回の展開を読者の投票によって決めるという試みもクール。二択から選べる選択肢の中には「これ、ネタじゃん!」という内容もあるが、そこは許斐先生。物語を破綻させることなく、読者が選んだ展開を見事に描いてくれ、その手腕はしつこいようだが「クール」の一言だ。

 ちなみに、いまだに語り継がれる『COOL - RENTAL BODY GUARD -』の「COO! COOL! COL!」シーンは、本作でも健在! 許斐ファン必見の一冊といえるだろう。なお、一部対象書店で『LADY COOL』1巻を購入すると「名言入り許斐剛本人ブロマイド」がもらえるとのことで、こちらも要チェックだ!!

8219b26322.jpg

LADY COOL第1巻
作:許斐剛
価格:630円
発売日:12月4日
出版社:集英社

あの怪作が帰って来た! “テニプリ”許斐剛イズム炸裂の『LADY COOL』第1巻がクール!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画LADY COOLジャンプLIVE許斐剛の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?