1311_mingos_2.jpg
声優・歌手として活躍を続ける今井麻美(ミンゴス)さん、登場!

『STEINS;GATE』の牧瀬紅莉栖役など、様々なジャンルで声優として、また歌手として精力的に活動している今井麻美さんが、11月27日に4枚目となるアルバム「この雲の果て」をリリース。

 今回はアルバムリリース直前時の今井さんに直撃! “自身の人生”をテーマにしたという表題曲やさまざまな表情を見せてくれる新曲、さらにはミュージックビデオについて、裏話をたっぷり交えながら語ってくれました。クスリと笑えるエピソード満載のミンゴストークをどうぞ!

──まずは4枚目のアルバム「この雲の果て」発売にあたっての喜びのお言葉をお願いします。

今井 「わーい!」という気持ちでいっぱいです! 今回も新曲やCD未収録の曲がたくさん入っていて、どういう作り方をしていこうかなと考えた時に、「表題曲に主眼を置こう」って思ったんです。

──なるほど。では、その表題曲「この雲の果て」について教えてください。

今井 この曲がこのアルバムのテーマだと言っても過言ではないくらいの気持ちで曲と向かい合って作詞しました。楽しいことがあった時も大変なことがあった時も、日本人の美的感覚として“じっと堪える”っていうのがすごく綺麗だなって考えていまして。そういうところが日本人の強いところだなって。改めて自分の人生と重ね合わせてみても、そう思ったんですよ。そういう思いが、この曲を聴いてるとどんどん沸き上がってきて、完成してみたらアルバムのテーマどころか自分の人生のテーマみたいな曲になりました(笑)。

──壮大ですね。

今井 私、最近やっと自分が今やっていることって誰かに影響を与えてるんじゃないかって思えるようになってきたんです。4枚もアルバムを出させてもらっていて、まだ自分のことをそんなに小さく見てるなんて、自分でもちょっとびっくりしてしまうんですけど(笑)。この歌が誰かの心に届くといいなっていつも思っているけれど、まだ足りないなって思う葛藤もあって……。でも、「この雲の果て」を作詞して、少しでも誰かに影響を与えられたら素敵だなって前向きに思えるような歌詞になって、最終的には明るい未来が見える希望のある歌になりました。

──アルバム制作中はどんな心境でしたか?

今井 これまでアルバムを3枚出して、自分が音楽と対面した結果、見えてきたものが結構苦しみの連続だったんです。達成感と共に、自分に足りないものをまざまざと見せつけられた気がします。でも、今を耐えて静かに乗り切れば、きっとその先にまた新しい発見があるんじゃないかって考えながら、アルバムを制作しました。私が音楽ともう一度ゼロから向き合ってアルバムが完成したんです。

1311_mingos_3.jpg

──制作してみて、どんな新しい発見がありましたか?

今井 今回は特に、自分の弱いところと強いところをすごく見た気がします。自分の弱い部分ってあんまり人に見せたくないじゃないですか。でも、このアルバムを作るときには、強さも弱さも自分だっていうことをさらけ出せた気がします。過去のアルバム制作とは雲泥の差くらいに、自分の心の扉を開きました。だから、喜びもマックスで表現できているし、苦しみもマックス。すべてにおいてマックスでできて、感情豊かな1枚になっています。

──では、続いて新曲「Rain ~てのひらのアンブレラ~」について教えてください。

今井 この曲は私の大好きな曲です。ジャンルで言うとアイリッシュポップス系だそうです。教えてもらいました(笑)。もう聴けば聴くほど本当に好きで、レコーディングでは沸き上がるようにイメージが膨らんで、歌っていて楽しくて幸せな気持ちになれる曲になりました。メロディもアレンジも、詩の世界も本当に優しくて。今回のアルバムの中でも「毎朝聴きたいな」って思える曲になったと思います。

──歌詞がかわいらしいですよね。

今井 「ふわふわカプチーノ、くまさんの顔」って歌う時はちょっと恥ずかしいです(笑)。私、子供の頃からキャラクターものやかわいいものに割とドライな性格をしていて、最近やっとそういうくまさんとか「かわいい!」って思えるようになったんですよ。人より随分遅れていますよね(笑)。多分これ、10代の女の子の感覚なんだろうなって思います。私、音楽を作るにあたって自分の新しい引き出しをひとつひとつ開けているのかなって。いろいろな自分を発見できているんです。

──今回、「この雲の果て」のミュージックビデオも撮影されていましたが、いかがでしたか?

今井 監督には今回も素晴らしい映像を撮っていただきました! 観ているだけで幸せになれます。この曲を作ったときは苦悩との戦いでしたが、私がこの曲で描きたかったのは苦悩の先にある“希望の光”だったんです。監督がその一番描きたかったものを見事に汲み取ってくださって、映像にしてくれたんです。

──撮影時の感想を教えてください。

今井 撮影は大好きな自然と共に行いました。すごく楽しくて、改めて自然を尊敬する気持ち──地球があって、宇宙があって、私たち人間が生きていて、その中で私も生きさせてもらっているっていう意識──を一層感じることができました。

 でも撮影は大変でしたよ。特に湖のシーン。群馬県の沼のほとりで撮ったんですけど、撮影現場に行くまでもすごく大変で。崖のすぐ横の、崖のようになっている道らしき場所を歩いて現場に辿り着いたんです。撮影中は、自分がバランスを崩して沼にザッバーンといってしまわないか常に心配でした(笑)。そんなミスしたらまたみんなが一からやり直しになっちゃうと思って! そういう緊張感もありつつ、一瞬一瞬の美しさを映像に残せたと思います。

──完成したアルバムを通して聴いてみて、いかがでしたか?

今井 聴いてくださる方のテンションによっていろいろな表情を見せてくれる素敵なアルバムになりました。手前味噌ですが(笑)。例えば、ちょっとセンチメンタルな気持ちになってる時にこのアルバムを聴くと、すごく心に染みてくるような気がするし、気持ちがルンルンなときにこのアルバムを聴くと、とても心地よいと思います。

──Blu-ray版にはカレンダーが付くそうですね!

今井 はい……。でも私、自分のカレンダーが恥ずかしいんです。みなさんも考えてみてください! 自分のカレンダーっていりますか!?(笑)でも前回すごく評判が良くて、みなさんが喜んでくれるので、今回も無くていいと思いつつ、付けました。それと同じでライブで販売する生写真も本当に恥ずかしいんですよ!!! でも、みなさんが喜んでくださるのは本当にうれしいので、もうこの件に関しては私が間違っていると思っているので、口出ししません(笑)。

──今後はアルバム「この雲の果て」を引っさげてのライブがありますね。

今井 はい、7thソロライブになります。今回のライブはどんなふうになるのかなって想像を膨らましているんですけど、このアルバムを引っ下げてのライブは事前にあまり考えなくても、ふっとそのときの心境や感情で作り上げられるんじゃないかなと思っています。その時会場に来てくださったみなさんの雰囲気でも表情が変わると思うので、今から本当に楽しみです!

──栃木でもアコースティックライブを行うそうですね。

今井 そうなんです。去年は沖縄でやって、今年は栃木の石切り場です。自然の中だと力を発揮できるってことに沖縄で気付いたので、今後も全国の面白い会場でライブをやっていきたいですね! 面白い会場をご存知の方は、ぜひMAGES.さんまで情報をお寄せください(笑)。

1311_mingos4.jpg

──12月に発売されるバースデーライブBD&DVDについても少し教えてください。

今井 自分で言うのも恥ずかしいですが、とてもかっこよく仕上がっています。このライブをどれだけ私が楽しんでいて、さらにお客さんもスタッフも、みんなが楽しんで作ったんだっていうことを、余すところなく感じることができる映像になっています。

 実はいろいろなトラブルもありまして。「orange stage」の方なんですが、デビュー曲の「Day by Day」サンバアレンジバージョンをノリノリで歌ってたら、靴が衣装にひっかかっちゃって、片足でピョンピョン飛びながら「誰か助けてー!」なんて言ってるのが映像に残ってて、笑えます(笑)。本当に私らしいなって思いますね。

──ちなみに声優業とアーティスト業を両立させている今井さんですが、そちらについてどのように感じていますか?

今井 今年は『STEINS;GATE』の劇場版もあり、声優の今井麻美から私を知って音楽を聴き始めてくれる方も多かったです。自分がいろいろな活動をさせていただいているからこそ、出会いが広がってるんだなと改めて感じています。声優としての喜びもすごく感じた1年だったし、歌い手としての喜びもすごく感じました。どちらもやらせていただいているこの幸せを、みなさんに還元していかなきゃいけないなって思っています。

──ありがとうございます。では、最後に読者のみなさんへメッセージをお願いします。

今井 今、本当に幸せを噛みしめながら音楽に向かうことができています。自分の中にあるいろいろなものを出していくことによって、それをさまざまな方に感じていただけるのであれば、自分が歌うということがすごく楽しく思えるんです。そして、それによって集まってくださる方の新しい表情をまたどんどん見つけていけたらいいなって思っています。自分の音楽活動、そして声優としての表情を、これからも見守っていただければうれしいです。
(写真・文/福島槙子)

1311_mingos_cd.jpg

この雲の果て
発売日:2013年11月27日
価格: Blu-ray月数量限定盤 4410円 DVD付盤 3990円 通常盤 3150円
発売元:5pb.
販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

1311_mingos_dvd.jpg

今井麻美 Birthday Live 2013 in 日本青年館 -blue stage -
今井麻美 Birthday Live 2013 in 日本青年館 - orange stage -
発売日:2013年12月25日
価格:Blu-ray 各7350 円 DVD 各6300円
発売元:5pb.
販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

■今井麻美オフィシャルサイト
http://5pb.jp/records/sp/asami/index.html

やっと10代女子の感覚になれた!? 声優・歌手の今井麻美(ミンゴス)の天然インタビュー!のページです。おたぽるは、catインタビューcatギャラリーアイドル&声優声優この雲の果てインタビューミンゴス今井麻美声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ