1311_lockup.jpg
ロックアップ1巻(集英社)

 下火の続いていたプロレス業界だが、最近、新日本プロレスが集客を伸ばしつつあることをはじめ、復興しつつある雰囲気を醸している。その手ごたえを感じさせてくるのが、『TOUGH』シリーズの猿渡哲也が描くマンガ『ロックアップ』(共に集英社)だ。その第1巻が本日、11月19日にリリースされる。

 プロレス業界は近年、さまざまなレスラーや関係者の書籍などで、試合進行の段取りである“ブック”や試合外の対立構図などを取り決めた“アングル”といった、これまでタブーとされてきた舞台裏にまで言及されるようになっている。だからこそ、プロレスとは“どういうものか”まで、一般のファンにまで知られている。そんな“どういうものか”を描いているのが、マンガ『ロックアップ』だ。

 とはいえ、本作の秀逸なところは、プロレス業界の舞台裏を暴露するのではなく、プロレスラーの美学を描いている点だ。

 主人公は、弱小インディープロレス団体の「あかつきプロレス団」を率いるサムソン高木。彼はヘルニアはじめ体中が怪我だらけで、しかもガンに侵されているという満身創痍のプロレスラー。そんな彼をリングに立たせているのは、“プロレスラーは屈強でなければならない”というプライドだ。それが端的に表れているのが、ブリッジもまもとにできない元力士のレスラーのジャーマンスープレックスを「オレがキレイなバンプ(受け身)でカバーしてやる」というシーンだ。

 それ以外にも、団体を守るため、観客に夢と勇気を与えるため、サムソン高木が体一つで激しい戦いに身を投じる場面の数々は、今のプロレスファンだけでなく、かつてプロレスファンだった人の心も揺さぶるほどのエネルギーを持っている。

 プロレスラーの不器用な矜持、強さ、美しさが凝縮された『ロックアップ』は、プロレス、格闘技の枠に収まらない、ヒューマンドラマなのである。

 最後に、プロレスラーの肉体を鮮やかに描く、猿渡哲也の画力のすばらしさも書き添えておきたい。

 プロレスファンの諸兄は、ぜひ一読を。

1311_lockup.jpg

ロックアップ第1巻
著者:猿渡哲也
出版社:集英社
価格:590円

「プロレスは八百長」としか思っていない人々よ!プロレスの美学を描く『ロックアップ』を読め!!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画ロックアップ猿渡哲也の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?