• このエントリーをはてなブックマークに追加

「COOL JAPAN YAMANASHI 2013」の参加者とおぼしき人物がYouTubeに上げた、会場の様子を映した動画を見ると、確かに広々とした会場内にはぽつぽつと机が並び、数台の痛車が止められているだけ……。まるで搬入準備中のようなありさまだ。イベント出演者の白石涼子さんも、イベント前に自身のツイッターで「会場控え室にいるんだけど…人の気配がない(笑)この場所がだだっ広いっていうのもあるんだけど。お客様…いらっしゃってるかなぁ…(^.^)」と、戸惑いをつぶやいている。

「会場内で疲れきった顔をして“萌え日本酒”の販促物を粛々と配る出店者はかわいそうでしたね。地元アイドルの子たちも、ステージ後は手持ち無沙汰にコスプレ客とふざけ合ったりしていました。一番まずいと思ったのは、歌手・宮内タカユキさんのステージ。大トリだったこともあって、すでに会場内は人がまばらでした。おそらく観客は数十人程度だったのではないかと思います」(イベント出店参加者)

 これは事前の告知不足だけが問題だったのだろうか? 初めての開催ということもあるだろうが、運営側のドタバタを象徴するような、こんな出来事もあったという。

「呆れ返ったのは、本イベントの公式ツイッター。イベント終了時間になっても、BOTが自動で宣伝ツイートを繰り返すので、運営側が間違えて『誰かBOT止めてください』と、内輪に向けての発言をしてしまいました(現在、その発言は削除されている)。運営内部でも統率が取れていないのが丸わかりでしたね(苦笑)」(前出・ライター)

 想像の上をいくトンデモな内情まで露見してしまった同イベントだが、催しや各展示品のレベルは高かったそうで、特撮コーナーでは、貴重な当時の衣装・撮影用模型の展示やミニチュアセットでの記念撮影、プロレスコーナーでは故・三沢光晴選手の歴代コスチューム、2代目タイガーマスクの衣装やマスクなど、大変なお宝が展示されていたという。こうした魅力をもっと広くアピールできていれば、結果は違っていたのではなかろうか。

 地方発イベントとしては、アニメ制作会社ufotableが企画運営をする徳島の『マチ☆アソビ』のように、地方での強みを生かして成功したイベントも多々ある。「COOL JAPAN YAMANASHI 2013」の関係者には猛省を促しつつ、今回の結果を反映した次の展開に期待したい。
(文/出口ナオト)

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
んねさか亜里沙、フォロワー13000人突破を記念して浴衣を脱ぐ! 大人エロい「#10秒グラビア」が最高すぎる…!new
乙葉ひまりの“つるペタパイ”が強調される眼帯ビキニ姿がヤバイ! 合法ロリには見えないロリ加減!
真白ここの色白Hカップがまぶしい…! 谷間露出しまくりの腕ブラショットがエロい!!
松本菜奈実がJカップおっぱいをギリギリまで露出!! “不適切表示”寸前ショットにファンもやきもき!?
白咲ゆずの全裸入浴ショットがエロすぎる!! 桃尻の割れ目までも露出してファンを誘惑!?
天木じゅんがセクシービキニでダンシングクイーン!! 激しい動きでファンからは“ポロリ”を心配する声も

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…