131028_jipo.jpg
有害コミック撲滅!――アメリカを変えた50年代「悪書」狩り(岩波書店)。賢人は歴史に学ぶ。

 いつ動き出すかも不明瞭なままに不安だけが募っている児童ポルノ法改定問題。そうした中で、今年になって注目すべき大きな変化がある。それは、児童ポルノ法改定問題のみならず「表現の自由」をテーマにした、集会・組織化が全国的に巻き起こっているということだ。

 これまで、国会があるのは東京、出版社やマンガ家をはじめ表現の自由が制約された時に、影響を受ける会社や個人も東京にその多くが集まっていることもあってか、運動はほとんどが東京を中心として展開していた。例外は、都条例問題を契機にできた「表現規制を考える関西の会」程度であった。

 今年になり、この状況が変化した大きな理由として挙げられるのは、まず表現の自由を考えることをテーマにしたNPO法人「うぐいすリボン」の活動によるところが大きい。同法人では、今年に入り名古屋、京都、広島、福岡、札幌などで児童ポルノ法や青少年健全育成条例などの問題をテーマに講演会を開催している。この講演会は、単に話を聞くだけではなく、問題に興味がある人がリアルに出会う場となったのだ。

「これまでも地方で、地元の政治家へ表現の自由を軸に単独でアプローチしている人はいました。そうした個別の活動が、講演会での出会いを機にネットワーク化しているのです」と、同法人代表の荻野幸太郎氏は語る。こうした動きは、いくら情報化が進んでも、まずはリアルで人と人とがつながらなくては意味のないことを示唆している。

 こうした動きに刺激されたのか、“大都会”とは揶揄されながらも決して大都会とはいえない岡山で「メディア文化の自由を考える中国・四国の会」という団体も設立されている。中国・四国地方といってもかなり広いが、今後は各都道府県単位くらいで組織化できる程度には人は増えていくだろう。こうした運動の初心者に向け、荻野氏はツイッター上にて「日本全国各地で、『陳情初心者のための楽しい勉強会』を開催します。うちの街に来てほしいって人がいたら、メール下さいませ。講師の先生とのスケジュールの都合がつけば考慮します」とも、呼びかけている。

 さらに新たな動きもある。京都大学では、学生らによって今年8月に「京都大学で楽しく表現規制に反対する会」が結成されているのだ。マンガ・アニメを中心とした「表現の自由」の問題が注目されるようになって久しいが、この問題をテーマにした学生サークルは、初めてである。同会では、11月に開催される学園祭・京大11月祭において2日間にわたって講演会を行うことも決めている。

 2日間にわたる講演に登壇するのは首都大学東京・宮台真司教授、法政大学・白田秀彰准教授、京都大学大学院法学研究科・高山佳奈子教授、同じく京都大学大学院法学研究科・曽我部真裕教授の4人である。いずれも「表現の自由」をめぐる問題に、研究者ならではの視点で言及できる人選である。

 白田氏は児童ポルノ法改定による単純所持規制に対して、反対の意思を表明。もし、これが実施された場合には「ぜひ逮捕して欲しい」という意思表示を自身のサイトに掲載し、注目を集めた人物。高山氏は、5月に行われた講演会において「これが、児童ポルノに該当するのか」を問題提起するために、自身の少女時代の全裸写真を聴衆にさらしたことで注目を集めた人物である。また、白田氏と共に、なにかとコスプレをすることでも知られる異才だ。

 また、講演会のトリを務める宮台氏の業績はいわずもがなだ。かつては、援助交際をめぐるテレクラを利用したフィールドワークでも知られ、児童ポルノ法制定時から問題点に言及をし続ける人物である(こうして書いてみると曽我部氏以外、ヨゴレのような……ゴメン)。

 危機感が高まる中で巻き起こる、地方からの動き。特に、明治維新から赤軍派まで世を騒がせ変革していく潮流を生み出してきた京都でも新たな動きが巻き起こったことは大きい。

 地方で巻き起こる、有象無象の流れがどのように東京まで攻め上ってくるか、今後も注目していきたい。
(取材・文/昼間 たかし)

【集会案内】

■「同人誌・コスプレの自由と、著作権訴訟」
内容:同人誌やコスプレに関係する著作権訴訟の問題について、広島大学法学部の岡田昌浩先生に解説をしていただきます。刑事・民事の一般教養から学べる内容になっておりますので、法学初心者の方もお気軽にご参加ください。
講師:岡田昌浩 (広島大学法学部准教授)
日時:2013年12月8日 13時00分~14時30分
場所:広島オフィスセンター第1会議室
共同開催:メディア文化の自由を考える中国・四国の会 特定非営利活動法人うぐいすリボン

http://kokucheese.com/event/index/122363/

■「京都大学11月祭 表現規制講演会」

【一日目】
開催日:2013/11/23(土・祝)
場所:京都大学法経済学部本館2階 法経第9教室
講演者:白田秀彰氏(法政大学准教授)、高山佳奈子氏(京都大学教授)

【二日目】
開催日:2013/11/24(日)
場所:京都大学法経済学部本館1階 法経第7教室
講演者:宮台真司氏(首都大学東京教授)、曽我部真裕氏(京都大学教授)

詳細は公式ブログで
http://kusac.hatenablog.com/

地方で盛り上がる児童ポルノ法改定反対運動 講演会を機に壮士が結集のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情児童ポルノ法宮台真司白田秀彰荻野幸太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!