「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極める“グラドルの脱ぎどころ”とは?

●(第1回はこちら)

 人気のオンラインRPG『アトランティカ』(NEXON)の魅力を探るべく、新登場のキャラクター「トリッシュ」に扮した森下悠里ちゃんと、事務所の後輩である岸明日香ちゃんに「アイドルとして覚醒するための4か条」を語っていただく当連載。覚醒後、ますますセクシーに、強くたくましくなる「トリッシュ」のように、2人はグラビア界でどう戦っていくのか──?

──全4回でお届けする悠里ちゃんと明日香ちゃんの対談連載ですが、第2回目は“露出の限度”、グラビアアイドルとして、どこまでさらけ出すべきか、またそのタイミングなんかをお話してもらいます。今回の「トリッシュ」のコスプレでも、かなりの露出をしてもらってますが、悠里ちゃんの露出の限度ってどこまでなんですか? もう、ヌードしか残ってないような気がしますが。

「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極めるグラドルの脱ぎどころとは?の画像2
悠里ちゃん扮するトリッシュ。

森下悠里(以下、森下) グラビアアイドルは、全部脱いじゃったらそこで終わりというか、もうそいう仕事しか来なくなるんですよね。神楽坂恵さんみたいに、映画でバっと脱いで、女優として大ブレイクするのはまれで。その判断は慎重にしたいんです。それに、脱いだ子のほとんどは、“実家に帰っちゃう”結果になってるんで。

岸明日香(以下、) いきなり、実家に帰るコースなんですか!?

森下 グラビアを8年やってるけど、大体、脱いだ子は実家に帰るか結婚して引退するかになっちゃうんだよね。だから、どうでもいいところで脱ぐと、脱ぎ損になっちゃうよ。明日香ちゃんも気をつけないと、実家に帰るハメになるからね!

「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極めるグラドルの脱ぎどころとは?の画像3

 今はまだ脱ぐほどの自信がないですよ(苦笑)。グラビアの子たちが集まると、必ずヌードの話題が出ますよね。

森下 本人が脱ぎたいんだったらしょうがないけど、大体は「女優になれるよ」なんて甘い言葉でそそのかされてやる場合が多い。脱ぎたいんだったら、“脱ぎどき”を見極めないと。まぁ、脱ぎたくても、(ルックス的に)その需要がない子も多いしね(笑)。

 必殺技みたいに、“出す”タイミングが大事なんですね!

──悠里ちゃんは、まだヌードってないですよね?

森下 私の場合は『月刊シリーズ』(2009年の『月刊 森下悠里Ⅱ nuida!』)でセミヌードはやりました。ニプレスもアンダーもなしで、ポーズでバストトップが見えないように撮影してもらったんです。そのときは、カメラマンの沢渡朔に撮ってもらえるという、光栄なお話だったのでお受けしたんですよ。

──明日香ちゃんは、さすがにまだ水着ですよね?

 もちろん(笑)。グラビアを始めたてのころは、自分に自信がなくて、水着でもすごく恥ずかしかったです。水着も思っていたより小さくて。スタッフさんに「小さくないですか?」って聞いたら、「これ以上小さくならないから、慣れちゃえば平気だよ」って言われて、「そういうものか」って思ったんですけど、次の撮影はさらに小さくなってて、うまく丸めこまれてしまったなぁ、と(苦笑)。

「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極めるグラドルの脱ぎどころとは?の画像4

──やっぱり最初は恥ずかしいものなんですか?

 胸が大きいのがコンプレックスだったんですよ。高校生の頃は、同級生の男の子にも「チチダ」って呼ばれてましたし、体育祭で走れば胸が揺れることを冷やかされて、コートのボタンが全部閉まらないことをからかわれたりで……。本気で脂肪吸引のことを考えてましたね。

森下 えぇ! そんなに思いつめてたの!?

 キレイに撮ってもらった写真を見て、ようやく自信が持てるようになりました。今でこそ「横乳がチャームポイントです!」って言えるようになったけど、最初は恥ずかしかったですね。悠里ちゃんはそんなことなかったんですか?

森下 私は最初から、水着になるだけで結構なお金がもらえるなんて、割のいい仕事だなって思ってたから(笑)。それがきっかけでCMも決まったりして、「ラッキー! この仕事は美味しいな」って。

──撮影で戸惑ったりしたことはないんですか?

森下 デビューしたての頃、DVDの撮影現場に行ったら“電マ”が置いてあったことがあって、それはさすがに戸惑いました(笑)。

──電マですか! 実際に使ったんですか!?

森下 スタッフに「あれ、何に使うんですか?」って聞いたら、私をまだウブな子だと思ってたらしくて、「あれは、マッサージに使うものだよ」なんて言われましたけど、「私、知ってるもん! エロいグッズでしょ!」って言って、拒否しましたよ(笑)。

 私の現場ではまだないですね(笑)。聞いておいてよかった。気をつけよう……。

(第3回に続く)
(文/高橋ダイスケ、撮影/後藤秀二)

日刊サイゾーより

「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極めるグラドルの脱ぎどころとは?の画像5

●森下悠里(もりした・ゆうり)
1985年、東京都生まれ。 T160・B90(Gカップ)・W55・H90のプロポーションで、2005年からグラビアアイドルとして活躍。現在はニッポン放送『テリー伊藤のフライデースクープそこまで言うか!』内「街角ステーション 噂を求めてどこまでも!」にレギュラー出演中。
http://ameblo.jp/yuurimorishita/

●岸明日香(きし・あすか)
1991年、大阪府生まれ。T158・B90(Gカップ)・W58・H88。『Dororich』(グリコ乳業)の2代目ドロリッチガールズ、パチンコメーカー「Daiichi」のガールズユニット『D DREAM GIRLS』メンバー。
http://ameblo.jp/asuka-kishi/


『アトランティカ』
アンコールワットやグランドキャニオン、バビロンの空中庭園など現実と伝説が交錯する世界を舞台にした大作MMORPG。かつて、不思議な力が宿った鉱石「オリハルコン」の力で栄えるも、その力の暴走によって滅びた『アトランティス』。傭兵を仲間にし、最大9人のパーティを組み、『アトランティス』の謎を解き明かす。基本プレイ無料、行きたい場所をクリックするだけで移動できる「自動移動システム」、ゲーム内用語が一発検索できる「辞書ツール」、あせらずにコマンド入力できるエンカウント式のターン制バトルなど、初心者でも安心して楽しめるシステムを搭載。
★無料ダウンロードはコチラから!⇒http://r.ca-mpr.jp/s/153/?i4a=1696390

「現場に行ったら電マが……」森下悠里が見極める“グラドルの脱ぎどころ”とは?のページです。おたぽるは、PCゲームその他メーカーアイドルアイドル&声優ゲームコスプレホビー芸能GカップRPGアトランティカグラビアアイドル岸明日香森下悠里の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…