メンズサイゾーよりアニメ系記事をピックアップ!

haruhimadoka0502.jpg
※画像は左『涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版』、右『魔法少女まどか☆マギカ 1』/より

 巨乳。グラビアやAVなど現実世界であれば文句なしのエースなのだが、何故か萌え系アニメでは不遇のポジションが定位置となっている。

 かの有名な『涼宮ハルヒの憂鬱』(角川書店)シリーズを例にすると分かりやすいだろう。原作のライトノベルは累計650万部以上を売り上げた大ヒット作。同作にはメインキャラ3人の一角に、推定G~Hカップの巨乳美少女キャラ、朝比奈みくるが登場する。いわゆるロリ顔に巨乳のグラビアやAVならば「鉄板」と評されるタイプ。個人的には小柄で巨乳、恥ずかしがり屋で優しい性格の彼女が大好きなのだが、悲しいかな巨乳であるがゆえに便利な道具とされてしまっている。

 もちろん、ストーリー上の重要な役割もあるが、基本的にはお色気要員かつ、いじられキャラ。特にハルヒの策略で男子生徒に胸を触られるなど、はっきり言ってイジメレベルの不遇な扱いを受ける。ほかのキャラのバストと人気に関して言えば、ロリ貧乳の長門有希がメインキャラ3人の中で一番人気で、同作のヒロインである推定D~Eカップのモデル系のハルヒが続き、みくるは最下位だ。

 そう考えると、最近の萌え系アニメでは、主役"級"ではなく、純粋な主役の巨乳キャラというのも萌えブーム以前と比較して少なくなっている。先の長門を代表例としてファンが多いのも貧乳ロリ系に偏りがちで、社会現象とまで言われるほどの人気を誇った『けいおん!』(芳文社)でも、最後にメインキャラに仲間入りした典型的なロリ貧乳の中野梓が一番人気となっている。極論ではあるが、巨乳サブキャラが一番輝くのは、エロ同人誌というのが現状である。

 そんな状況で今年前半のアニメ業界最大の話題作『魔法少女まどか☆マギカ』(TBS系)を見た時、今回の萌え系アニメ巨乳不要論を思い付いた。

 なんと、同作メインキャラ中で唯一の巨乳だった巴マミが、敵に首を食いちぎられて惨死するのだ。

 そう、便利な道具ではあっても必須だと思われていた巨乳キャラが第3話という序盤で死んだのである。

『魔法少女まどか☆マギカ』から見える萌えアニメ巨乳不要論のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情Hカップけいおん!トラウマ貧乳魔法少女まどか☆マギカの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!