【日刊サイゾーより】

「日本ホラー大賞短編賞」受賞の小説家・田辺青蛙によるオススメブックレビュー。

 タブーとされるものには甘美な魅力がある。禁止されるからこそ見たい、知りたいという欲求がわき起こる。この本は、さまざまな理由で封印されてしまった漫画について書かれている。

 漫画家は思いもよらないところから非難の的になり、そのまま消えていった者もいれば、クレームに抗い戦い続けた者もいる。栄華を極めた漫画家が、一通の投書から転落の人生をたどることもあれば、批判をターニング・ポイントとして、全く違う作風の漫画を描いて成功した例もある。

 複雑に絡みあう著作権事情や、各種団体の主張。寸止めエロ漫画で直接的な性描写がないにも関わらず、教育上よくない、性を商品化していると言われて有害コミック指定を受けた上村純子『いけない! ルナ先生』や、背景のコマに著作権侵害があったかわぐちかいじの『沈黙の艦隊』。手塚治虫『ブラック・ジャック』の「指」は同級生が6本指を手術で5本指にしてくれと頼みに来るが、実はその男がテロリストだった......と展開していく内容なのだが、身体障害を扱うネタということで封印されている。

 指に関する規制のエピソードは他にもある。

 山口貴由『覚悟のススメ』は「4鬼!」といって親指を折り曲げて数を示している箇所を、指を伸ばしている手に差し替えられている。それならば『羊たちの沈黙』のレクター博士や、『シグルイ』(南條範夫原作・山口貴由作画)の岩本虎眼はどうなるのだと思うが、そちらは規制されていない。時代によって、規制の基準も変わってくるのだろうか。

 そういえば私の好きな妖怪も差別とは無縁ではなかったことを思い出した。『妖怪人間ベム』が、3本指から5本に訂正されたことは記憶に新しい。そもそも人間じゃないんだから、奇形も何もあったもんじゃないと思うが。

3本指、片輪車......封印された甘美なる"タブー"の世界『封印漫画大全』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画田辺青蛙の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ