メンズサイゾーより仮面ライダー関連記事をピックアップ!

20131030haga.jpg
※イメージ画像:『芳賀優里亜写真集 YUU*REAL
辰巳出版

 12月に公開される映画『受難』で女優の岩佐真悠子がフルヌードを披露することで話題となったが、また1人、映画でヌードに挑戦する女優が現れた。『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)のヒロインなどで知られる女優の芳賀優里亜が、主演映画『赤×ピンク』(来年2月公開)でフルヌードを披露することが明らかになったのだ。

 同作は、直木賞作家・桜庭一樹のライトノベルが、『仮面ライダー』シリーズの演出で知られる坂本浩一監督によって実写化されたもの。女性同士が鉄の檻の中で戦いを繰り広げる格闘技ショーを舞台にしており、芳賀は性同一性障害に悩む空手家を演じている。女性を相手に大胆な絡みに挑戦し、アクションも披露している芳賀は「撮影は毎日刺激的でした。物語はもちろんですが、練習を重ね挑んだアクションにもぜひ注目してもらいたいです」とコメント。

 公開された宣材写真では、芳賀が全裸で女性のお尻らしきものをつかんでおり、乳首こそ見えないものの豊満な体をあらわにしている。ネット上では「よく脱いでくれた」「25歳とはいい時期」と称賛する声のほか、「おっぱいでけえええ」「こんなに乳でかかったか?」とそのバストにも注目が集まっている。

「11歳でデビューした芳賀は、ジュニアアイドルのグラビア雑誌『ピュアピュア』(辰巳出版)で宮崎あおいや長澤まさみなどと同等の人気を博し、『おはスタ』(テレビ東京系)の『おはガール』としても活躍していました。その後、15歳のときにドラマ『仮面ライダー555』でヒロインの園田真理役を演じて広く知られるところとなり、その後も『仮面ライダーキバ』や『仮面ライダーディケイド』などに登場するなど、とくにライダーファンの間で馴染みの深い存在です。ファッション誌『Seventeen(セブンティーン)』(集英社)の専属モデルとしても活躍していただけに、プロポーションはバツグンです。その巨乳はDカップといわれていますが、プロモーション用の写真を見ると、もっと大きいように見えますね。明らかに爆乳化しているので、ヌードには期待できるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 芳賀は同じ事務所の“オシリーナ”こと秋山莉奈と仲がよく、2010年には代々木に共同運営の「VEGI-FUL CAFÉ」をオープンさせている。野菜ソムリエや食品衛生管理士の資格も持っているなど、女優業以外も充実しているように見えるが、ここに来てフルヌードを披露する狙いはなんなのだろうか。

「30歳を過ぎて行き詰まった女優が脱ぐわけではないし、清純派としてのイメージを転換させたいというケースでもありません。表現の幅を広げていきたいという一心でしょうね。『赤×ピンク』は桜庭の初期の傑作として知られており、“キャットファイト”という一見非現実的な内容ながらも、それぞれの女性の成長と恋を描いていることで人気の高い作品です。また、自らもスタントマンである坂本監督は、アメリカでも活躍した経験があり、数多くのアクション映画を制作しています。それだけに、どんな世界観に仕上がるのかは見ものですが、ここで“脱げる女優”として存在感を示すことができれば、これから仕事の幅が広がっていくのは間違いありません。アクションもできて裸でも勝負できる20代女優となれば、貴重ですからね。年のわりには芸歴の長い芳賀ですから、20代後半に向けて、ここで一皮むけたいという想いなのでしょう」(同)

 同作は、芳賀にとって転機となる作品には違いないが、世の男性諸氏、とくにライダーファンにとっても見逃せないヌードになることは間違いなさそうだ。
(文=津本ひろとし)

元仮面ライダーヒロイン・芳賀優里亜、25歳での“フルヌード挑戦”に絶賛の声!のページです。おたぽるは、その他アイドルアイドル&声優特撮芸能Dカップグラドルジュニアアイドル仮面ライダー仮面ライダー555仮面ライダーディケイド爆乳秋山莉奈の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ