1309_h_chinacomic.jpg
『中国のヤバい正体』(大洋図書)

「水道水は沸かしても飲めない」「学歴社会なのに成績はカネで買える」「物価は上がるのに給料がついていかない」「大気汚染は深刻」「豚が一万頭も川に投棄されて流れてきた」……どれも、近年の中国で起こっている現実である。

 どこのネトウヨ情報かと思いきや、この情報を伝えているのは、中国現地のマンガ家なのだ。ネット検閲が当たり前の監視社会である中国で、こんな国家を批判する情報を公表するのは、命がけ。なのに、彼は民衆目線の諸問題を中国現地でマンガに描き、発表することを決意した。

 それが、孫向文氏の『中国人漫画家が命がけで描いた 中国のヤバい正体』(大洋図書)である。孫氏は、中国は杭州在住の30歳のマンガ家である。彼が、この作品を描くきっかけになったのは、日本でマンガ家デビューを決意したこと。既に中国においても商業誌で活動している彼だが、中国では表現の規制が厳しく、描きたいものも描けない。おまけに原稿料は日本に比べて、安すぎる。そこで、日本の出版社に作品を見てもらっている過程で出会った編集者に、中国現地の問題をエッセイマンガにしてみることを薦められたのである。

 こうして始まった作品制作だが、日本人が中国のどのような問題に興味をもっているのかは、孫氏にもわからない。そこで、幾度もインターネットを通じてやりとりをしながら、プロットをつくり、取材を繰り返した。

 この時点で孫氏は「もしかしたら、逮捕されるかもしれない」と考えたという。

 言論・表現の自由が著しく制限されている中国では、政府批判に繋がるような社会の問題・事件はほとんど報道されない。もちろん、そうした状況を許せないジャーナリストも多い。ジャーナリストたちが独自に取材した記事をブログで発表して弾圧されるのは日常茶飯事だ。

 そんな社会ゆえ、孫氏は作品づくりに必要な資料をインターネットで調べたり、現場の写真を撮影するだけでも恐怖を感じたという。もちろん、中国のヤバい現実をマンガにしていることは、家族にも絶対に内緒だ。

「日本語だから大丈夫かと思っていたのですが“共産党”とか漢字でバレたら大変だと思って、ネームはすべて処分しました。親も日本で単行本を出したことは知っていますが、エロいマンガなので、中国には持ち込めないと言って、ごまかしていますよ」(孫氏)
 

下手すりゃ死刑? 中国人マンガ家が現地で描いた命がけのマンガ『中国のヤバい正体』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画パンチラ中国のヤバい正体孫向文の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!