藤波辰爾が語る「金曜8時のプロレス」と「今のプロレス」

写真=辰巳千恵


【メンズサイゾーより】

 現役にこだわり続けるプロレスラー・藤波辰爾。1971年5月9日に18歳でデビューし、長州力天龍源一郎ら数々のライバルとしのぎを削り、40年にわたって第一線で活躍してきた。コワモテが多かったレスラーのイメージを変えた存在としても知られ、本人歌唱の入場テーマ「マッチョ・ドラゴン」は一部でカルト的な人気になり、最近は『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の『歌がへたな王座決定戦』に出場するなどお茶目な一面もある。

 4月20日にデビュー40周年記念マッチのファイナルとなる後楽園ホール大会を予定し、さらに5月16日にポニーキャニオンから栄光のジュニア時代の貴重な試合を収めたDVDボックスを発売と、いまだ人気も体力も衰える気配のない藤波。ゴールデンタイムにプロレスがテレビ放送されていた黄金時代と今の斜陽時代を現役で経験してきた彼に、プロレスの過去と現在の話を聞いた。

──デビュー40周年というのはプロレス史に残る偉業ですね。これだけ長く一度も引退せずに第一線で現役を続けてきたレスラーは他にいないんじゃないでしょうか。

藤波 そうですね。今度の40周年大会で若手の頃に対戦した選手とも、もう一回やりたいなと思ったんですけど、ほとんどみんな引退してました(笑)。

──ジュニア時代からのライバル・木村健悟さんも引退されてますね。

藤波 健悟も復帰して出ないかって口説いたんだけどね。けど今、彼は品川区の区議会議員ですから。政治家の先生は、なかなかリングに上がってくれないですよ(笑)。当日はゲストとして花を添えてくれますけどね。

──藤波さんといえば、ヘビー級での活躍はもちろん、20代の頃にジュニアヘビー級を盛り上げた元祖アイドルレスラーとしての顔もありますね。

藤波 当時は猪木さんや馬場さんの全盛期で、レスラーといえばデカくて近寄りづらい迫力があったんですよ。ジュニア時代の僕は、普通の人よりちょっといいくらいの体格しかなかったので、親しみやすかったのかもしれない。

──女性ファンも増えたといわれています。

藤波 ゴールデンタイムにテレビ放送があって、僕みたいな新しいタイプのレスラーがいて、女性も入りやすかったんでしょうね。タイミングが良かった。それまでは猪木さんのようなメインイべンターという、絶対的な存在がありましたから。ジュニアが盛り上がったことで、見る方からすれば楽しみがバッと広がったという部分はあるでしょうね。


──5月発売のジュニア時代のDVDは、初映像化の試合も多いですし、ファンにとってはたまらないでしょうね。このDVDで昔からのファンに、当時を思い返してほしいという気持ちはありますか。

藤波 そうだね。自分自身もそうだからね。DVDで試合を見返すことで、その当時の自分の元気を感じて自然と背筋が伸びるというか。ファンの人達も単に懐かしむのじゃなく、「あの当時の俺はこうだったな」とか「あの頃はこんな気持ちだったな」と思い返してもらいたい。そうすれば、今の行動も変わってくるんじゃないかな。そうあってほしい。

藤波辰爾が語る「金曜8時のプロレス」と「今のプロレス」 “ドラゴン・リングイン”は計算だった!のページです。おたぽるは、その他プロレス・格闘技新日本プロレス藤波辰爾の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…