かにみそP」

トレードマークは「かに」

【日刊サイゾーより】

 7月13日に発売され、シングルデイリー初日2位、週間3位となったGACKTの39thシングル「Episode.0」(HPQ)。この曲は自作曲にこだわってきたGACKTの作詞作曲ではない。ニコニコ動画に楽曲を発表してきた「mathru/かにみそP」(以下、かにみそP)という、いわば一般ユーザーの作詞作曲なのである。

 この楽曲誕生の背景は、3年の時をさかのぼる。初音ミクで知られる音声合成技術・ボーカロイドを用いて、GACKTの声で楽曲を作ることができるボーカル音源ソフト「がくっぽいど」が08年7月31日に発売。このソフトを用いてユーザーが数多くの楽曲をニコニコ動画に投稿し、09年にGACKT本人の審査によって「がくっぽいどコンテスト」が開催。そこで、グランプリ作品となったのが、かにみそP制作の「Episode.0」で、GACKTは「今回の曲の中で一番泣ける。これは本当に良い曲だと思った」と絶賛した。

 司会のラジオDJ・やまだひさしの「歌ってみてもらえないですか?」という提案をGACKTは快諾。自ら歌い、ついにシングル化が実現したのだ。アーティストが一般ユーザーをクリエイターとして評価し、シングルとして3万枚以上を売り上げたという実績は、ボーカロイド文化の一つの到達点と呼んでも過言ではない。そこで、かにみそPに楽曲に込めた思い、ボカロP(ボーカロイドプロデューサー)としての未来をうかがった。

――まずは、音楽の原体験からお聞かせください。

かにみそP 小学1年生から9年エレクトーンを始め、高校のころからバンドをやっていて、ボーカル、キーボード、ギターをやっていました。最初はL'Arc~en~Ciel、MALICE MIZER、Mr.Childrenなど、メンバーが好きなバンドのカバーをやって、それから僕が作詞作曲してオリジナル曲をやっていました。

――MALICE MIZERはまさにGACKTさんが所属していたバンドですね。そのバンドでオーディションを受けたり、プロを目指したりは......。

かにみそP それは全くなくて、完全に趣味の範囲でした。その後、自作の曲を自分で歌ったりしてMP3投稿サイトなどに上げてたんですが、友達から教えてもらって初めて、初音ミクの存在を知りました。実はそれまでニコニコ動画もあまり見てなかったもので(笑)。当時は高専の研究で音声合成技術を勉強していて、機械にしゃべらせるアプリケーションを作っていたんですが、"歌わせる"ことは考えてなかったんです。なので、初音ミクを知って、「これなら一人で楽曲制作を全部できるんじゃね?」と思って即買いました。これまでやってきた音楽の経験と、高専での研究がガチっとクロスした瞬間でしたね。

――なるほど。初音ミクを触ってみていかがでしたか?

かにみそP ソフトを立ち上げて、イジってみたら意外とすんなりできて、「コレはいける!」と思って、ニコニコ動画に投稿したんですよ。そしたら(視聴者からの)コメントがイマイチで(笑)。今から考えたら、初音ミクの調教(調節)ができてなくて、音痴だし、オケ(オーケストラ=バックの音)と合ってなくて、修正してはアップするのを10回ぐらい繰り返しました。すると、「前より良くなった」と書いてもらえたり、また、悪いコメントを書かれながら、徐々に進化していった感じですね。

――そんな試行錯誤を経て、「がくっぽいど」での曲作りを始められたんですね。

かにみそP 曲作りは、曲のテーマ、メロディ、歌詞の順番で作っています。風呂やベッドでゆっくり考えてアイデアが浮かんだときに録音するという方法です。その当時、そうして曲を作っていたものの、最高5,000回再生程度で、もっと再生されたかったんですよ。なので、ボーカロイドの新作が発売された日に投稿すると注目されるので、発売日にその新作で曲を作って投稿しようと思ったんです。そのとき、ちょうど出たのが、「がくっぽいど」だったんですよ。当時福岡に住んでいたんですけど、発売前日にフライングゲットするためだけに青春18きっぷを使って東京に出てきたんです。でも結局、前日には買えなくて、発売日に秋葉原のヨドバシカメラに開店と同時に行って買って、ネットカフェで自分のノートパソコンにインストールして、曲をアップしました。当時、実は大学の論文も書かなきゃいけなくて再生数を見たい衝動を我慢しながら、論文を書いていたら、5,000回再生を1時間で突破してビックリしました。その曲が「ダンシング☆サムライ」です。

――「ダンシング☆サムライ」は現在175万回再生されて、がくっぽいどの最高再生数となっています。この曲に登場する侍の前世を描くために作られたのが、「Episode.0」だそうですね。

かにみそP

かにみそP 「Episode.0」は特にコンテスト用に作ったわけではなくて、ちょうど、「がくっぽいど」発売1周年で、「ダンシング☆サムライ」が生まれるまでの物語を書こうというコンセプトでアルバム『ダンシング☆サムライ』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント)用に12曲を書いていて、その中の1曲なんです。コンテストは、「がくっぽいどコンテスト」というタグを付けるだけだったので、気軽に参加してみたら、選ばれてビックリしました。まさかこんなことになるとは......という気分でしたね。でも、評価してもらったことで、もっと楽曲制作を上手くなろうと思いました。音源のミックスもまだまだですし、さらに自分に足りないものが見えました。

GACKTが認めた「かにみそP」が語るボーカロイドの未来のページです。おたぽるは、その他音楽VOCALOIDかにみそP初音ミクの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ